241件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

インク構造改革急ぐ(上)DIC社長・猪野薫氏 (2020/4/14 素材・医療・ヘルスケア)

ディスプレー向け量子ドットインクジェットインク、3Dプリンターや蓄電池向け材料といった分野だ」 ―質的転換の実現に向け、独BASFの顔料事業の買収を20年中に完了予定です。... 中...

インク業界 変革に挑む(上)構造転換で活路 (2020/3/9 素材・医療・ヘルスケア)

その一環として、独BASFの顔料事業を20年末までに買収完了予定だ。

社内チャットボット活用 世界最大の化学メーカー・独BASFの日本法人であるBASFジャパン(東京都中央区)が“攻め”の働き方改革を進めている。

昨年製造の車、39%がホワイト 独BASFまとめ (2020/1/28 素材・医療・ヘルスケア)

独BASFは2019年に世界中で製造された自動車の39%がホワイトに塗装されているとの調査結果を発表した。

統合により供給能力は年約110万トンとなり、世界第2位の独BASFを大きく引き離す。

独BASFのポリウレタン素材は、身体のバランス能力の向上に着目したミズノのトレーニングシューズ「TC―01」「同02」の新たなミッドソール形状の実現に貢献した。

さらに同氏は、急速充電に特化した企業マイクロバストが同州ルートウィヒスフェルデに工場を建設し、化学大手BASFはこの地域に電気自動車のバッテリー生産施設の建設を検討していると語った。同氏によると、BA...

当社は成長を目指し、独BASFのグローバル顔料事業の買収作業を着実に進めていく。

資産家ジョン・グレイケン氏率いる米ローンスター・ファンズの関連会社がドイツの化学メーカーBASFの建設化学品事業を31億7000万ユーロ(約3800億円)で買収することに合意した。 ...

同アライアンスは、独BASFや独ボッシュなど欧米韓8社によって8月に設立され、10月には独ポルシェも参画した。

電気・電子や自動車向け材料の出荷減のほか、8月に発生した工場火災による損失や、独BASFのグローバル顔料事業買収に関する費用を織り込んだ。

使用済みプラ再生、商業化 独BASFは、使用済みプラスチックを新品と同等品質で再生させるケミカルリサイクルの商業化に踏み出す。

日本ガイシ、BASFグループと連携 NAS電池を共同開発 (2019/11/8 建設・生活・環境・エネルギー)

【名古屋】日本ガイシは7日、ドイツ化学大手BASFグループの独BASFニュービジネスと、次世代のナトリウム硫黄(NAS)電池の共同研究契約を結んだと発表した。... 6月にBASFニュービジネスと販売...

大成建設はBASFジャパン(東京都中央区)、デイ・シイ(川崎市川崎区)と共同でトンネル支保工に使う吹付コンクリートの強度を従来比2倍以上にし、施工性を高めた吹付コンクリート「T―HPSC100」を開発...

欧州化学産業 変革の今(6)プラ処理の現状 (2019/10/30 素材・医療・ヘルスケア)

独BASFは廃プラから熱分解油を精製する企業に投資し、近く商業ベースでの生産に乗り出す。

独BASF、欧社出資 プラ廃棄物をリサイクル (2019/10/23 素材・医療・ヘルスケア)

独BASFはノルウェーのクアンタフューエルに2000万ユーロ(約24億円)を出資し、プラスチック廃棄物のケミカルリサイクルを共同で進める。... BASFは買い取った二次原材料を、プラスチック廃棄物か...

欧州化学産業 変革の今(1)新しい波の発信源 (2019/10/23 素材・医療・ヘルスケア)

独BASFは目玉展示として、独BASFの多様な素材技術を活用してキャンピングカーブランド「ハイマー」と開発したコンセプトモデルを展示。

独BASFをはじめ化学大手のお膝元である欧州では「ユニークな製品や組み合わせ提案がなければ興味を引けない」(石田GM)。

ケミカルリサイクル深耕 化学各社 技術開発急ぐ (2019/9/16 素材・医療・ヘルスケア)

【パートナー契約】 そこで独BASFや米ダウ、三井化学、昭和電工、宇部興産など多くの化学メーカーは、ケミカルリサイクル技術の開発を急いでいる。... 廃プラ由来の熱分解油からのプラ生...

独BASF、トマト栽培の土壌改良 生分解性プラが貢献 (2019/9/11 素材・医療・ヘルスケア)

独化学大手のBASFは土壌生分解性プラスチック「ecovio M2351」がトマト栽培での土壌改良や収穫量増加、味の向上に貢献する点を確認した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる