26件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

防衛省、ロッキード選定 次世代戦闘機技術協力 (2020/12/21 機械・ロボット・航空機1)

候補はほかに米ボーイングと英BAEシステムズがあったが、ロッキードは「F22」や「F35」の第5世代ステルス機の開発実績があり、3社のうち技術的な成熟度が最も高いとして同社を選定した。 ...

その時点での空自戦力は百数十機の「F35」と「F15」の能力向上機、今回の次期戦闘機の3機種で、有事に想定される各事態に応じて部隊全体で的確に対応できるベストミックス(組み合わせ手法)...

次期戦闘機「国産主導」 開発、1社と単独契約へ (2020/8/10 機械・ロボット・航空機2)

「F2」の時のように、米国が重要軍事技術をブラックボックス化し開示を拒んだ場合、独自開発できるのか。... ロッキード・マーチンは空自のステルス戦闘機「F35」や、空戦性能で世界最強とされる「F22」...

F2は現在94機が導入され、30年代の半ばに退役年齢を迎える。... 今回の後継機でも「F22」をベースに、「F35」の電子機器を付けて改造する案を米ロッキード・マーチンが提案している。ただ、空自は「...

中国、次世代戦闘機を35年導入か 米軍に対抗 (2019/2/14 機械・ロボット・航空機1)

中国は、世界最高性能を誇る米軍の最新鋭機F22に対抗する形で17年に殲20を配備した。しかし、「エンジンなどの信頼性に欠ける」(外交筋)と指摘されており、性能はF22より劣るという分析...

防衛大綱と中期防で目に付くのは、F35戦闘機の大量購入や、護衛艦「いずも」型へのSTOVL配備だ。... F35に関しては最高速度はマッハ1・6で現戦闘機F15の同2・5を下回る。... 電子機器やシ...

6日付の中国英字紙チャイナ・デーリーなどによると、CH7は全長10メートルで幅22メートルの全翼機。... 探知能力にも優れ、開発した国有企業の中国航天科技集団は、米軍のステルス戦闘機F22を捕捉する...

サイバー人材の強化は年末に予定する防衛大綱見直しの中でも、しっかりと議論していきたい」 ―F2戦闘機の後継機をF22やF35の改良でなく、新規開発する案が浮上しています。 &...

中国は米軍の最新鋭機F22に対抗して「殲20」などの国産戦闘機の開発を進めてきた。

F22をベースに機体や電子装備を改修する案や、F35を追加購入する観測もある。... F2については、日本は約30年前の“苦い思い出”がある。... F22やF35は、さらに高価。

F22ラプター(ブルームバーグ) 米軍のF22ラプターとF35ライトニング2は、共に世界で最も洗練されたステルス戦闘機だ。... F22...

軍用機では米空軍のステルス戦闘機「F22」が初出品される。

酸化反応を行う酵素の一種「CYP4F22」によって「オメガ水酸化超長鎖脂肪酸」が作られ、その後アシルセラミドが作られることを明らかにした。

航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーチン製のF35もステルス機だ。 日本は当初、米国のステルス機F22を導入する計画だったが、技術流出を懸念する米議会などの反対で断念。

一方、第4・5世代機の「F/A18E/F(スーパーホーネット)」「ユーロファイター(タイフーン)」も供給が安定しており、日本でライセンス生産できるの...

当初、09年度までに機種を決める方針だったが、有力候補の「F22」が生産中止に追い込まれたこともあり、選定が難航。現在は米欧9カ国共同開発の「F35」や欧州4カ国による「ユーロファイター」、米ボーイン...

FXは現有戦闘機「F4」の後継で、9カ国共同開発の「F35」や欧州4カ国による「ユーロファイター タイフーン」、米国の「FA18E/F スーパーホーネット」の3機種が有力候補...

FXは現有戦闘機「F4」の後継で、10年末に策定された中期防衛力整備計画別表では15年度までに「新戦闘機12機」を整備することが明示された。当初は09年度までに選定する方針だったが、候補だった「F22...

各種電子機器や相手に捕捉されにくいステルス性などの最新技術を結合させるもので、現時点では唯一、米国の「F22」が運用されており、超音速巡航性能、高度な火器管制能力などを持っている。 ただ、F2...

航空自衛隊が配備する戦闘機は、複座式の「F4」、二枚の垂直尾翼を持つ「F15」、日本と米国が共同開発した「F2」の3機種。... だが、航空自衛隊は米空軍と過去3回行った合同演習で、ステルス機「F22...

おすすめコンテンツ

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

2022年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2022年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門
材料特性にとことんこだわって解説

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門 材料特性にとことんこだわって解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる