1,215件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【名古屋】ジェイテクトは、高度運転支援機能に対応した電動パワーステアリング(EPS)が、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」、高級車ブランド「レクサス」の「LS」それぞれの新モデ...

19年はトヨタから燃料電池車(FCV)の心臓部となるFCスタックの開発・生産に関わる10数人の技術陣が講師として訪れて開催した。 ... 今回はオンラインも含めた展示会と講演、小学生...

特に自動車業界では電気自動車(EV)シフトが進み、水素を活用した燃料電池車(FCV)の普及も視野に入ってきた。 ... 世界の生産量をすべてFCVに利用したとしても、120万台から3...

福島・浪江町、水素活用へ産業団地造成 丸紅などと協定 (2021/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

町は家庭への新たなFC設置や、燃料電池車(FCV)向け小型水素ステーションの立地も計画している。

475台のFCVのほか、ハイブリッド車(HV)やEVも含めて全体の9割が電動車だ。... 大会関係FCVには、首都圏の7カ所の水素ステーションで24時間、水素を供給する。... 大会をきっかけに水素ス...

【名古屋】ジェイテクトは、燃料電池車(FCV)の水素循環ポンプなど向けの軸受(写真)を開発した。... カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、FCVは環境車としての需要増が期...

【いわき】福島県の郡山市といわき市で、事業者向けのトヨタ自動車の数種類の燃料電池車(FCV)や定置型燃料電池の展示会が8月4、5の両日に開かれる。... いずれの会場でも各種FCVのほか可搬型発電機な...

(いわき・駒橋徐) 県は燃料電池車(FCV)の普及を進める。いわき市には燃料電池(FC)バスも含めてFCVが80台以上(全県で120台)運行し、市内の水素ステーションの稼働率は全国ト...

ホンダが4月に示した、2040年に販売する全ての新車を電気自動車(EV)もしくは燃料電池車(FCV)にする計画。... FCV生産中止に疑義 ホンダが20年に日本で発売した初の量産E...

40年全新車、EV・FCV化 サプライヤーの協力不可欠 “エンジンのホンダ”が脱エンジンにかじを切った。2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼ...

自動車の脱炭素化技術は、電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、水素エンジンなど。... FCVは生産コストが高止まり状態にあり、水素エン...

(西沢亮) 日系メーカーでは、トヨタ自動車が30年に欧州市場で販売する新車をすべて電動車とし、うち40%を電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)にする方針を示す。

30年以降に燃料電池車(FCV)や業務用・産業用燃料電池への実装を目指す。

39年までには全製品をEVや燃料電池車(FCV)といった電動車にする目標を掲げる。

ファミマ、配送車のCO2排出13%削減 クリーンディーゼル導入 (2021/7/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

ファミリーマートでは電気自動車(EV)トラックや環境配慮型燃料の実証実験を進めているほか、21年中に小型の燃料電池車(FCV)トラックの実証を始める計画で、CO2削減の取り組みを進める。 &#...

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI」(ミライ)を使い、FCVの満充填での走行距離で世界記録を目指す挑戦が行われ、1040・5キロメートルを走行し記録を更新した。

トヨタではハイブリッド車(HV)「プリウス」や燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」などの製品企画に携わった。商用車でも電気自動車(EV)、HV、FCVなど多様な選択肢がある中で、必要とされる車...

かねてハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動車を全方位で展開するトヨタ自動車。

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)と充電設備を同時購入する場合の費用を補助する。... 再生可能エネルギーの電力調達100%を前提とするEV、PHV、FC...

21年度に切り替える約100台はPHVを中心に、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)も採用する。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる