1,338件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

燃料電池車(FCV)や水素ステーションの規制は整備されているが、水素サプライチェーン全体での保安の方向性を示す。

燃料電池車(FCV)「MIRAI」の試乗や、FCバスの試乗も行う。

燃料電池車(FCV)など水素エネルギーの普及に欠かせない高強度水素配管コネクターに加え、水素による反応で金属の脆性が高まり時間経過後に破損する遅れ破壊を低減する耐水素脆性の高強度ボルト...

量産体制を整え、現在主力のハイブリッド車(HV)向けに加え、将来は電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)向けに拡販する。

水素製造にはトヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向け燃料電池セルを転用した水電解装置を用いる。

加えて燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」のFCスタックを活用した定置式FC発電機を、ミライト・ワンの福島県内の事業所に導入。

電動車は米国、中国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、韓国製の電気自動車(EV)、プラグイン型を含むハイブリッド車(HV)、燃料電池車(FCV)の計17...

水素を使う燃料電池車(FCV)の普及拡大には、搭載する固体高分子形燃料電池(PEFC)のコスト低減が不可欠であり、そのカギを握るのがPEFC酸素極の酸素還元反応(...

水素を用いた内燃機関の開発については「あらゆる可能性はあるが、現時点では電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)が主力になると考えている」と説明した。 ...

燃料電池車(FCV)への供給のほか、トレーラーに水素を充填して近隣のステーションに供給することもできる。 ... 県内のFCV登録者が1...

両都市を、FREAがある郡山市と燃料電池車(FCV)開発を進めるトヨタ自動車のお膝元である豊田市が訪問する格好だ。

トラックやバスなど大型車では、水素で走る燃料電池車(FCV)が次世代技術として本命視されており、圧縮機の一段の大型化が求められる可能性がある。

トヨタ自動車とイオン東北(秋田市)、福島県浪江町、同双葉町が連携した燃料電池車(FCV)による移動販売が始まった。... トヨタと福島県は、FCVの...

東邦ガス、愛知に水素製造プラント建設 24年に年産550トン (2022/6/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

工業炉やバーナーなどの熱分野、工業用原料、燃料電池車(FCV)での活用を見込む。... FCV約340台に相当する1・7トンの水素を1日で製造する能力を計画する。

イオン東北が事業主体となり、トヨタの「グランエース」(FCV仕様)による移動販売を6月10日に始める。FCVによる移動販売車の実用化は世界初という。 ... 両町の要...

今後、EVやFCVをそうした位置付けにしたい」 ―EV、FCVの普及に向けて必要なことは。 ... 脱炭素化に貢献したいと考えている顧客は多く、EV、FC...

近年では大学との共同研究で、燃料電池自動車(FCV)へ水素を充填する水素ステーションの設備向けの新たなOリングを開発。

例えば「ひめぎんSDGs EVマイカーローン」はEVやプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)の新車や中古車の購入、車検や修理などの資金向け。

「『国策になる』『水素の原料となる未利用褐炭を持つ豪州の協力』『燃料電池車(FCV)の登場』の3条件が必要で、それらがそろい道が開けてきた。

同社は2030年にEVと燃料電池車(FCV)の販売比率を北米で40%、40年に100%にする目標を掲げているが、アキュラについてはこれを上回るペースでEV化を進める。

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン