16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

またレモンド商務長官は、日米含む14カ国が参加表明した新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」でも「半導体供給網の問題に集中する」としている。

米国が主導する経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の主要な加盟国にも参加を呼びかける方針だ。... 韓国は米国主導の経済圏IPEFも「チップ4」も中国排除でなく、国益追求が目的...

米国が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の閣僚級会合がオンラインで26、27日の2日間にわたって開かれた。

日米両政府は29日にワシントンで初めて開く経済版2プラス2「日米経済政策協議委員会」などを通じて、半導体などのサプライチェーン(供給網)強化や、中国の「一帯一路」に対抗したインド太平洋...

韓国側からは、米国主導で日韓ともに参加する「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のルール作りでの連携や、半導体などの供給網構築に向けた協力強化を訴える意見も出たという。

【Q】どうして米国はIPEFを主導しているの。 ... 米国は中国に対抗するためにも、IPEFを通じて同地域への関与を深めようとしています。 ... 【A】IPEF...

産業春秋/日本より中国が重要? (2022/5/30 総合1)

対中国包囲を念頭に、米国主導で新たな経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」を発足し、強固な経済安全保障を築こうとしている時だけに、新経済圏の結束力が心配になる。 ...

経団連の十倉雅和会長は23日の定例会見で、日米が参加する新しい経済枠組み「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」について「IPEFを足がかりに米国にTPP(環太平洋連携協定...

バイデン大統領は新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の発足を正式に表明。岸田首相は会談後の共同記者会見で「IPEFの立ち上げを歓迎し、日本はこれに参加し協力していく」と語...

IPEFは、主導する米国が安全保障を意識しながら打ち出した戦略だ。... 同地域での存在感を高める中国が、IPEFへの警戒感を強める可能性もある。 ... 日本はIPEFの推進に協調...

米国主導で発足する新経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」には日韓が参加を表明し、半導体などのサプライチェーン(供給網)強化といった経済安全保障で連携することは貿...

産業界にとっては、IPEFが焦点になる。 ... IPEFはサプライチェーン(供給網)やデジタル経済、脱炭素化、国際課税など4本柱で構成される見込みだ。... 会談で...

新経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」は自由、民主主義、人権などの価値観を共有する国・地域が連携し、覇権主義的な行動を強める中国への経済依存を引き下げる。

さらに米国主導で形成する新たな経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」への韓国の参加も協議する見通しだ。

松野博一官房長官は18日の記者会見で、バイデン米大統領が提唱する経済圏構想「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)について「米国のインド太平洋地域への積極的なコミットメント(関与...

バイデン米政権が打ち出した新たな経済圏「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が月内に発足する見通しだ。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン