6,600件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.001秒)

創出したCFをM&A(合併・買収)などを含む成長投資に優先して充てていき、強い事業ポートフォリオをつくる狙いだ。

債務保証、ファイナンスリース、M&A(合併・買収)など従来の付随業務に加え、自行で開発したシステムやアプリケーション(応用ソフト)の販売や登録型人材派遣、見守り...

一方、第三者への承継を考える企業には「M&A(合併・買収)の民間プラットフォームへの登録や、一つの仲介企業に頼るだけでなく、セカンドオピニオンの活用を勧めている」と言う。...

事業承継とM&A(上)後継者問題、節目は65歳 (2022/8/12 中小・ベンチャー・中小政策)

十分な準備期間の確保を 中小企業の経営者にとって、後継者問題は大きな課題だ。子どもなどの親族内承継が減る一方で、従業員への承継や第三者への承継を選択する割合が増えつつある。最も憂慮す...

事業承継問題を抱える中小企業にM&A(合併・買収)を助言したり、事業継続・再生のためのファンドを紹介したりと、さまざまな形で支援できる」 ...

M&A(合併・買収)や脱炭素の追加対応は別枠で予算を設ける。

日本紙パルプ商事、英で包装フィルム強化 現地企業買収 (2022/8/9 素材・医療・ヘルスケア)

補完的なM&A(合併・買収)などで収益基盤を盤石にしていく。

M&A(合併・買収)や不動産関連、原材料コスト上昇、経済活動再開に伴う運転資金需要があり、2021年2月に記録した同2・8%以来の高い伸びとなった。

ICTを導入支援するチームを結成し、行員自ら情報システム会社に学び、企業へ提案してきた」 《後継者の不在率が7割超の鳥取県において、M&A(合併・買収)を強み...

今後の課題としては創業・スタートアップ支援や中小の海外展開支援、全国の営業店、地域金融機関などネットワークを活用したM&A(合併・買収)やビジネスマッチング支援を挙げた。...

データベースはこのほか、コア技術の組み合わせによる新事業・製品・サービスの提供、技術補完やM&A(合併・買収)、技能伝承、人材ローテーションにも生かすことも狙う。

リソースはM&A(合併・買収)で補う。

M&A(合併・買収)などでリソースを補う可能性も示唆した。

【岐阜】OKBキャピタル(岐阜県大垣市、岡田恒一社長)は名南M&Aと連携し、東海地区のベンチャーを支援する「OKB 4S循環ファンド」を創設した。... 名南M&...

M&A(合併・買収)をサポートする仲介業界は今、過渡期を迎えている。... M&Aのゴールは成約だ。... (随時掲載) ◇名南M&a...

経済産業省・中小企業庁は事業承継・引継ぎ支援センターにおいて、民間企業からM&A(合併・買収)の実務経験者を出向で受け入れるため、出向元企業の公募を始めた。事業承継の手段として...

VBの成長後にみらい創造機構がVC出資をし、上場やM&A(合併・買収)につなげる。 M&Aなどに至った2成功例は営業出身の社長1人のVBで、実際に高専...

尾賀真城社長は「成長は海外にある」としており、今後も海外では積極的なM&A(合併・買収)を進める方針だ。

1000億円の資金供給とともに、ビジネスマッチングやM&A(合併・買収)支援、ベンチャーキャピタル(VC)機能を提供する。

実践編では事業引き継ぎに伴うM&A(合併・買収)のプロセスや資金調達、引き継いだ事業を成長させるビジネスモデル作成、ビジネスモデルに関する受講者間の意見交換などの講義を予定する...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン