282件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

【名古屋】愛知製鋼は21日、高感度で測定範囲の広いワイドレンジ型の磁気センサー「MI(マグネト・インピーダンス)センサー」を開発し、サンプル販売を開始したと発表した。... 従来のMI...

AGC、MIで素材開発を効率化 実験データ共有・活用 (2022/6/21 素材・医療・ヘルスケア)

MIデータベースシステム(ARDIS)は電子実験ノートの機能を持ち、実験結果などを記録するとデータが自動的に蓄積される仕組み。これらのデータをMI専用分析ツール(AMIBA&#...

挑戦する企業/旭化成(8)MIで変わるR&D (2022/6/16 素材・医療・ヘルスケア2)

将来、MIはR&D内にとどまらず、営業やマーケティングとつながる。... MIの活用で「研究者のマインドは想定以上に変わった」と河野。... MIの予測を基にスマートラボを動かし、実験結果をデ...

仏南部で建設中の核融合実験炉「ITER(イーター)」で使う無機絶縁(MI)ケーブル用の銅メッキ技術を開発した。

「データを活用して新素材探索を効率化するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)や、コンピューター利用解析(CAE)の活用により、研究開発を効率化する効果が出てきた。

一つの例が研究開発(R&D)におけるマテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用だ。... 当社のような化学会社は、独自のデータベースによるMIに理論科学、実...

プラズマ下の損傷防ぐ 【神戸】量子科学技術研究開発機構は、帝国イオン(大阪府東大阪市)、岡崎製作所(神戸市中央区)と共同で、フラン...

この独自のグラフェン複合材料を用いた、グラフェンスーパーキャパシター(GSC)の開発・製造に向けて、2017年、NIMS認定ベンチャーとしてマテリアルイノベーションつくば(MI...

「研究員全員が各パソコンで、データを用いた新素材探索手法のマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を使えるようにし、“誰でもMI”を進める。特定分野でMI活用の成果が出ており、活用を広...

プログラムを書かない「ノーコード」で人工知能(AI)を開発できるサービスを手がけるトライエッティング(名古屋市中区)は、19年に豊田合成から5000万円の出資を受け、両...

工夫してやっていく」 ―人工知能(AI)を用いた新素材開発の効率化手法であるマテリアルズインフォマティクス(MI)の展開は。 「東京...

ライオンが培った歯磨き粉製品開発の知見や原料配合の組み合わせ、物性測定データなどに、日立製作所のマテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術を適用して物性を予測するモデルを構築した。&...

DOWAHD、東北大と共創研究所 資源循環・新素材で研究推進 (2022/4/7 素材・医療・ヘルスケア1)

研究テーマはカーボンニュートラル技術、AI・IoT・マテリアルズインフォマティクス(MI)による革新的技術、電気自動車(EV)、情報通信、環境・エネルギー、医療・ヘルス...

製薬分野などへの導入が先行してきたが、マテリアルズインフォマティクス(MI)の浸透に呼応するように、ここ5年ほどでさまざまな材料分野に急速に広まりつつある。 ...

このデータベースを基に、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用した高分子の性能予測技術を同じく5者で共同開発しており、より洗練された技術開発につながっている。 ...

三菱ガス化、新素材探索を効率化 日立と協力、時間半減 (2022/2/28 素材・医療・ヘルスケア)

両社はルマーダの材料開発ソリューションを使い、人工知能(AI)やデータ解析を用いて材料を効率的に探索するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)などに取り組んだ。MIを...

その思いから、20年12月に「マテリアルズインテグレーションコンソーシアム」(MIコンソ)を立ち上げた。

デジタル導入期での取り組み例の一つに、材料の研究開発のスピードを革新する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」がある。... MIは省燃費性や耐摩耗性など多数の性能が要求されるタ...

nano tech実行委、東京ビッグサイトで総合展 (2022/1/6 素材・医療・ヘルスケア2)

次世代バッテリーや生分解性プラスチック、材料開発に人工知能(AI)やデータを応用するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)などさまざまな分野の最新技術・製品を紹介する...

『MI(マテリアルズインテグレーション)』の駆使で新しい時代のモノづくりを支えることにもなる」としている。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン