318件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

1951年、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が世界初のNC装置開発に成功した。 ... 「開発はMITの技術論文を取り寄せるところからという手探りでのスタート」(稲葉氏)だったが...

三井物産とPreferred Networks(東京都千代田区、PFN)は3日、深層学習技術を用いた地下構造解析AI(人工知能)システムの開発を行う新会社として「Mit―PFN Energy」(東京都...

ショーボンドホールディングスと三井物産が出資するSHO―BOND&MITインフラメンテナンス(SB&M、東京都中央区)は、タイ有数のコングロマリットであるサイアム・セメント・グループ(SCG)子会社の...

「13年ごろに米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が4Dプリンティングの概念を提唱し、広まった。

またMIT(マサチューセッツ工科大学)卒の若者が立ち上げたオサロ(Osaro)という会社を日本企業に紹介したところ、今では国内で弁当作りに応用されている。

【ワシントン=時事】米政府が秋以降全ての授業をオンラインで行う大学を対象に外国人留学生のビザ(査証)発給を規制する方針を示したことについて、ハーバード大とマサチューセッツ工科大(MIT)は8日、差し止...

カリフォルニア大学バークレー校とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン(UIUC)校の全米スーパーコンピューティング・アプリケーションズ・センターが共同で運営し、ほかにもプリンストン大学、マサチューセッツ...

米国MITなどを経て、00年に無機材質研究所(現在の物質・材料研究機構)入所。

優秀なところは、マサチューセッツ工科大学(MIT)よりも入試倍率が高いと言われている。

裏読み科学技術(68)「スクラッチ」に注目 (2020/2/24 科学技術・大学)

プログラミング・ソフト「スクラッチ」は、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのミッチェル・レズニック氏のグループにより開発され、2007年に公開されている。

【教員審査委員賞】▽歯科手技の客観評価による歯科市場の活性化(徳島大学・山本貴志さん) 【MIT賞】▽NoRIoT―安価なIoT観測ブイによる海苔養殖の支援―(鳥羽商船高等専門学校・...

MITでは多くの国から多くの人が集まり頻繁に議論した。... MITに行き、もっと面白いことに出会った。... 60年MIT博士号取得。

すでにAIのソフトとしては、本家筋のグーグルが無償で提供するテンサーフローが好評であり、このテンサーフローをベースに、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したのが、スクラッチ・AIブロック(AI...

北海道に「NoMaps」定着 先端技術、交流の場 (2019/11/14 中小企業・地域経済2)

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの石井裕副所長の基調講演をはじめ、宇宙や人工知能(AI)、バイオなどをテーマにした討論会や自動運転の実証実験などを実施。... 基調講演したMITメディア...

米MIT(マサチューセッツ工科大学)発のスタートアップ企業が開発した、ドラッグ&ドロップで作業支援システムが組めるデジタル製品「TULIP」を採用したばかり。  

ニューヨークからボストンに移動すると、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大(MIT)など世界最高峰の大学の強さに改めて気づかされる。

マークフォージドは、13年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)出身のエンジニアである現最高経営責任者(CEO)グレッグ・マーク氏によって設立された。

松岡氏はマサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学とコンピューター科学の博士号を取得。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)訪問研究員、理化学研究所フロンティア研究員を経て、03年より物質・材料研究機構勤務。

知識・人材循環、テック実装 【ディープ領域】 ボストンにはハーバード大やマサチューセッツ工科大(MIT)など世界有数の大学が立地。特にMITが立地するケンダルスクエ...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる