312件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

カリフォルニア大学バークレー校とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン(UIUC)校の全米スーパーコンピューティング・アプリケーションズ・センターが共同で運営し、ほかにもプリンストン大学、マサチューセッツ...

米国MITなどを経て、00年に無機材質研究所(現在の物質・材料研究機構)入所。

優秀なところは、マサチューセッツ工科大学(MIT)よりも入試倍率が高いと言われている。

裏読み科学技術(68)「スクラッチ」に注目 (2020/2/24 科学技術・大学)

プログラミング・ソフト「スクラッチ」は、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのミッチェル・レズニック氏のグループにより開発され、2007年に公開されている。

【教員審査委員賞】▽歯科手技の客観評価による歯科市場の活性化(徳島大学・山本貴志さん) 【MIT賞】▽NoRIoT―安価なIoT観測ブイによる海苔養殖の支援―(鳥羽商船高等専門学校・...

MITでは多くの国から多くの人が集まり頻繁に議論した。... MITに行き、もっと面白いことに出会った。... 60年MIT博士号取得。

すでにAIのソフトとしては、本家筋のグーグルが無償で提供するテンサーフローが好評であり、このテンサーフローをベースに、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したのが、スクラッチ・AIブロック(AI...

北海道に「NoMaps」定着 先端技術、交流の場 (2019/11/14 中小企業・地域経済2)

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの石井裕副所長の基調講演をはじめ、宇宙や人工知能(AI)、バイオなどをテーマにした討論会や自動運転の実証実験などを実施。... 基調講演したMITメディア...

米MIT(マサチューセッツ工科大学)発のスタートアップ企業が開発した、ドラッグ&ドロップで作業支援システムが組めるデジタル製品「TULIP」を採用したばかり。  

ニューヨークからボストンに移動すると、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大(MIT)など世界最高峰の大学の強さに改めて気づかされる。

マークフォージドは、13年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)出身のエンジニアである現最高経営責任者(CEO)グレッグ・マーク氏によって設立された。

松岡氏はマサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学とコンピューター科学の博士号を取得。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)訪問研究員、理化学研究所フロンティア研究員を経て、03年より物質・材料研究機構勤務。

知識・人材循環、テック実装 【ディープ領域】 ボストンにはハーバード大やマサチューセッツ工科大(MIT)など世界有数の大学が立地。特にMITが立地するケンダルスクエ...

EMOハノーバー2019/DMG森精機、MIT発技術訴求 (2019/9/19 機械・ロボット・航空機1)

DMG森精機はドイツで開催中の欧州国際工作機械見本市「EMOハノーバー2019」で、工作機械の自動化技術や、出資した米マサチューセッツ工科大学(MIT)発スタートアップ企業の製品を含むデジタル技術を中...

オフィス・人脈 両輪支援 米ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)は、マサチューセッツ工科大(MIT)やハーバード大学のキャンパスのあるケンブリッジ市で1999年に設立。

【ニューヨーク=時事】米マサチューセッツ工科大(MIT)は、同大の研究機関メディアラボの伊藤穣一所長が辞任したことを明らかにした。

また農機に端末をつけて稼働データなどを収集する『MITサービス』などを発展させることで、今後は農家への情報サポートのような事業も有望になるとみている」 ―新しい中期計画の方向性は。&...

日本MITベンチャーフォーラム(東京都千代田区)は「第19回 ビジネスプランニングクリニック&コンテスト」の募集を始めた。... 問い合わせは(bpc@mit‐vf.jp)へ

1位は米マサチューセッツ工科大学(MIT)、2位は米スタンフォード大学、3位は米ハーバード大学で前年と同じ顔触れ。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる