25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

多成分系MOFの結晶生成過程は多段階で進行することが分かった。MOFを効率的に合成するための条件検討などに役立つ。 ... その結果、このMOFの結晶生成過程は3段階で進むことが分か...

研究グループは、金属と有機化合物で構成されるナノサイズの隙間を持つ材料「多孔性金属錯体(MOF)」に着目した。... その状態でスチレン同士をつなげる化学反応を起こし、MOFを取り除くことで、透明容器...

輝け!スタートアップ(33)SyncMOF (2020/3/19 中小・ベンチャー・中小政策)

畠岡潤一社長兼最高経営責任者(CEO)は「新しいMOFを作るより、企業の求めるMOFを選ぶほうが難しい。... MOFは粉のような見た目で、MOFだけではどのように製品に組み込めばよいかが分からず、扱...

炭素と窒素を含む硫黄化合物を使い、鉛と組み合わせた良質な結晶構造のMOFができた。 ... 鉛と硫黄は、MOFを触媒として水を水素に変換する反応でも重要な役割を持つ。 ...

わが国ではこれまで人工光合成に関する研究が主であったが、近年は金属有機化合物複合体(MOF)を用いたCO2捕集・転換や、ゲルなどの材料を用いたCO2濃縮分離などが進められている。

三井金属は出資により、MOFの製造面における協力やMOFを用いたアプリケーションの普及に対応する。... 高品質・低コストでMOFを製造する独自の合成法を有する。 MOFは、PCP(...

MOFは銅などのイオンと有機化合物などで構成される構造体。... 今回、パラジウムとMOFの界面を放射光施設で解析し、電荷の移動量を明らかにした。 ... MOF中の銅が電荷を受け取...

高分子材料に金属有機構造体(MOF)を適切な条件で添加して実現。... 金属イオンと配位子を組み合わせ、さまざまな分子設計ができるMOFを加えて機能性を高めた。耐熱性などに優れたMOFの一種である「U...

この装置で大気から水を分離するのに重要な役目を果たすのが、有機金属構造体(MOF)と言われる人工多孔質体。... もともと20年以上前にMOFを発明し、この分野のパイオニアがUCバークレーのオマール・...

(編集委員・山本佳世子) 【柔らかな有機材】 PCPは金属有機構造体(MOF)とも呼ばれ、錯体化学の研究が土台だ。

京都大学大学院理学研究科の北川宏教授らは、厚さ16ナノメートル(ナノは10億分の1)の多孔性金属錯体(MOF)を作製し、薄膜化したMOFに分子を吸着する機能が現れることを発見した。... 用途に応じた...

大蔵省(現財務省)や日銀を担当する「MOF担」の先駆的存在として知られた。

一方、ゼオライト膜よりも注目を集めているのが金属有機構造体(MOF‥Metal Organic Framework)である。MOFは、金属の周りに配位子と呼ばれる有機化合物が自律的に集まって(自己組織...

一方、立方体Pdナノ結晶の表面に厚さ数ナノメートルの多孔性金属錯体(MOF)を被覆した材料を作り、水素を取り込む特性を調べると、MOFとの混合材料は立方体Pdナノ結晶の2倍の水素を吸い込んだ。X線電子...

かつて在籍した日本生命保険時代に大蔵省(現財務省)との窓口である「MOF担」を務めていた時代も含め、ゴルフは若い頃からプレーしない。

研究グループは金属イオンとそれをつなぐ有機物で構成され、ナノサイズの孔を持つ多孔性金属錯体(MOF)を利用。... すると表面張力が低い疎水性領域から表面張力の高い水面側にMOFが引っ張られ、移動する...

異なる機能を持ったMOFを集積する際の基盤技術になるという。 ... 異なる機能を持つMOFを集積することで、高効率な燃料電池の実現が可能になると言われているが、これまでは2次元方向...

ホームページはwww.imf‐wb.2012tokyo.mof.go.jp

スマートマテリアルは幅広い分野で有用性の高い金属有機構造体(MOF)として知られる。... チームは結晶化を誘導する新しい種晶添加技術(シーディング)を開発し、MOF結晶成長を制御できた。... MO...

(次回は1月6日に掲載) ※1財務省のウェブサイト(www.mof.go.jp/bpoffice/bpdata/fdi/d2bop.csv) &...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる