140件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

【ワシントン=ロイター時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、意図せぬ急発進が報告された電気自動車(EV)大手テスラの乗用車50万台に対する正式な調査を求める嘆願について、調査を検討すると明らか...

【ニューヨーク=時事】タカタ製エアバッグの欠陥問題で、米国で新たに1千万個のガス発生装置(インフレーター)がリコール(回収・無償修理)の対象となったことが8日、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が開...

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)や欧州安全性能総合評価「ユーロNCAP」で認められる英ABダイナミクス(ウィルトシャー州)の車両計測器を使い、先進運転支援技術開発向け試験のデモンストレーションを実...

【ニューヨーク=時事】日産自動車は、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に約123万台のリコール(回収・無償修理)を届け出た。

【ニューヨーク=時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、自動緊急ブレーキ(AEB)装置が急作動する恐れがあるとして、日産自動車の北米向けスポーツ用多目的車(SUV)「ローグ」の予備調査を始めたこ...

NHTSAは3種類の衝突試験や横転試験の結果に基づき、モデル3などに五つ星の最高評価を与えた。 テスラはNHTSAがこれまでに試験を行ったすべての車の中で、モデル3の乗員負傷リスクが...

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)がテスラの運転支援システム「オートパイロット」の公式調査を準備している可能性があることが、新たに公表された文書で示唆されていると、元NHTSA...

テスラは電子メールで送付した発表資料で、同車両のデータログ調査後に、NTSBと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に通知したことを明らかにした。

米環境保護庁(EPA)と米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が2018年に発表した見直し案では、オバマ前政権が12年に定めた、25年までに企業平均燃費(CAFE)を1ガロン当たり約47マイル(1リット...

【ワシントン=ロイター時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は15日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に自動運転車の走行許可を与えるかどうかについて、意見公募を行うと発...

米道路交通安全局(NHTSA)も調査に協力している。

 米電気自動車(EV)メーカー、テスラの「モデル3」セダンは、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が実施した衝突試験全てで最高の5つ星を獲得した。... NHTSAのウェブサイトによれば、同局は正面衝...

102万台を対象とした今回のリコールは運輸省道路交通安全局(NHTSA)が13日に発表した。  

環境保護局(EPA)と道路交通安全局(NHTSA)は2日、2020年以降の燃費基準を平均でガロン当たり37マイルに引き下げることを共同で提案した。... EPAとNHTSAは大気浄化法に基づくカリフォ...

この関係者が匿名で語ったところでは、環境保護局(EPA)と道路交通安全局(NHTSA)の提案は現行規制の緩和で幾つかの選択肢を提示するほか、2020年型から26年型モデルまで燃費基準を凍結することを勧...

3大鉄道博物館の楽しみ方 8位 【電子版】第45回東京モーターサイクルショー開幕、各社が新型バイクをアピール 9位 【電子版】米NHTSA、韓国・現代と起亜の車両調...

 米道路交通安全局(NHTSA)は、米フォード・モーターが製造したピックアップトラックのうち一部の古いモデルについて危険性を伴うエアバッグを交換するまで運転しないよう、あらためて警告した。... 20...

また、自動車の燃費基準達成の手段となる企業平均燃費(CAFE)規制を所管する運輸省道路交通安全局(NHTSA)と合同で、新しい燃費基準作成に着手することを明らかにした。

 米道路交通安全局(NHTSA)は、韓国の現代自動車および起亜自動車の車両の正面衝突事故でエアバッグが作動せず4人が死亡、6人が負傷した報告について調査している。  NHTSAのウェ...

ただ、車両が現行の連邦安全基準を完全に満たしていないことから、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に安全評価の報告書を提出し、同車両の公道での試験走行認可を要請している。 ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる