2,197件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.04415秒)

...後、同国が4月にも環太平洋連携協定(tpp)加盟申請の方針を決定する見通しだと説明した。 タイはかねてtpp参加... ...見通しだと説明した。 タイはかねてtpp参加に関心を示しており、日本は歓迎の意向を示した。西村担当相は日... ...イチェーン(供給網)ができており、(tpp加盟で)より強固、重層的になる」と期待をにじませた。 タイのtpp新規...

...見極める。英国が環太平洋連携協定(tpp)の参加に関心を示しており、歓迎している」と述べた。 日英首脳間で... ...で一致。米国を除く11カ国が加盟するtpp11への英国の参加の可能性も含め協議することを確認しており、西村担... ...とを確認しており、西村担当相は「tppによる21世紀型の新たなルールを世界に広めていきたい」との認識を示...

...いくかが大事だ。環太平洋連携協定(tpp)が発効したことに伴って、牛肉をはじめとした肉の関税が下がるため、...

THIS WEEK (2019/12/30 総合2)

...易協定発効=日本は環太平洋連携協定(tpp)で定めた水準内で農産物の関税を引き下げ、米国は工業品の関税を撤廃...

...り返った。今後、環太平洋連携協定(tpp)圏のさらなる拡大や東アジア地域包括的経済連携(rcep)交渉でのリーダー...

...認された。日本は環太平洋連携協定(tpp)で定めた水準内で農産物の関税を引き下げ、米国は工業品の関税を撤廃... ...日本としては容易には譲歩できず、tppで定めた水準をめぐる攻防が想定される。また自動車分野では「さらな... ...る」と話す。 ただ環太平洋連携協定(tpp)で合意した自動車部品の関税撤廃まではかなわず、協議継続となった。...

...会合を開き、政府による「総合的なtpp等関連政策大綱」の改定案をめぐって議論した。同日の日米貿易協定の...

...豚肉などの関税を環太平洋連携協定(tpp)の水準まで引き下げ、米国は日本製工業品などの関税を撤廃削減するの...

...せても約14時間。環太平洋連携協定(tpp)の審議時間は70時間を超えており、審議が不十分なのは明らか。審議の...

日米貿易協定案、衆院を通過 (2019/11/20 総合2)

...付された。日本は環太平洋連携協定(tpp)の水準の範囲内で農産物市場を開放し、米国は自動車同部品を除く工業...

...るほか、環太平洋パートナーシップ(tpp)協定の署名国でもあり、同国の動向には我が国としても無関心ではいら...

...除く11カ国による環太平洋連携協定(tpp11)でgdpの02%上昇を見込み、rcepの方の効果が大きい。tpp11に加盟する東南... ...を見込み、rcepの方の効果が大きい。tpp11に加盟する東南アジア諸国連合(asean)の国は、tpp11だけの効果が14%上昇... ...る東南アジア諸国連合(asean)の国は、tpp11だけの効果が14%上昇だが、rcepで33%の押し上げを推計している。 三菱総...

...本が農産品市場を環太平洋連携協定(tpp)の範囲内で開放する一方、米国は自動車同部品を除く幅広い工業品関税...

...だ。17年に米国が環太平洋連携協定(tpp)から離脱して以来、東アジア地域包括的経済連携(rcep)が中心的役割を担...

...ど農産品について環太平洋連携協定(tpp)の範囲内で市場を開放。米国は産業機械など工業品の関税を撤廃削減す...

...詩となったrcepは、環太平洋連携協定(tpp)のような高い自由化を実現できるのか、それとも“型落ち”の協定内容...

...費用を補助する。環太平洋連携協定(tpp)の発効などで中小にも輸出を広げるチャンスがめぐってきている。日本...

...だ。今秋をめどに環太平洋連携協定(tpp)などの国内対策を定めた政策大綱を改定する。安倍首相は会合で「農家... ...関税を段階的に9%まで引き下げるなどtppの範囲内で市場開放を進める一方、米国も日本産牛肉の低関税枠を拡大...

...ーシアムは、環太平洋経済連携協定(tpp)を契機に、従来の「中小企業海外展開支援会議」を継承する形で2016年...

...に撤廃。いずれも環太平洋連携協定(tpp)で定めた関税と同等の水準だ。 一方、米国は主に工業品の関税を撤廃... ...産米の対日輸出については、かつてtpp交渉で最大7万トンの無関税輸入枠を設けることで合意していたが、これ... ...方、自動車部品分野の関税(主に25%)はtpp交渉では段階的に撤廃削減する方向だったが、継続協議となった。 世界...

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる