13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

現在も観測ができない状況だ」 「米重力波望遠鏡『LIGO(ライゴ)』と欧重力波望遠鏡『VIRGO(バーゴ)』との国際観測の機会を狙っていた。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/5/14 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(5/6~5/12) 1位 ミサワ・トヨタホーム・パナソニックホームズ、来年1月に経営統合 業界首位に 2位 マ...

■アクセスランキング・ベスト10(4/29~5/5) 1位 水素液化技術「磁気冷凍」実用化へ 日本の材料研究、底力に期待 2位 令和の科学技術、...

この重力波は4月26日(世界時)に米国内2カ所にある観測装置「LIGO」とイタリアにある同「Virgo」で観測された。... 17年8月にはLIGOとVirgoで中性子星同士の合体による重力波を初めて...

かぐらの始動で日本はライゴや欧重力波望遠鏡「VIRGO(バーゴ)」の研究グループとともに国際ネットワークに参加する。

同研究所の大橋正健重力波観測研究施設長は「米LIGO(ライゴ)や欧VIRGO(バーゴ)などの他国の重力波天体望遠鏡をしのぐものを作りたい」とかぐらの今後の展望を語った。

米重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)と欧重力波望遠鏡「VIRGO」(バーゴ)の研究チームは8月、地球から1億3000万光年(1光年は光が1年間に進む距離で9兆4600億キロメートル)離れた場所から、中...

地球から1・3億光年離れた中性子星同士の合体による重力波は、8月に米国と欧州の重力波望遠鏡であるLIGO(ライゴ)とVirgo(バーゴ)がそれぞれ検出した。

8月に米重力波望遠鏡LIGO(ライゴ)と欧重力波望遠鏡Virgo(バーゴ)が観測した重力波源を赤外線で追跡観測し、その明るさの時間変化を観測できた。

米国2カ所にある観測装置「LIGO(ライゴ)」と、イタリアにある装置「Virgo(バーゴ)」で検出した。

17年8月には、ライゴと欧州の重力波望遠鏡VIRGO(バーゴ)チームが共同で、観測史上4度目となる重力波を検出した。

イタリア・ピサ近くにある観測装置「Virgo(バーゴ)」での検出は初めて。

LIGO観測装置のデータ解析には、欧州チーム「VIRGO(バーゴ)」も参加。... イタリアにあるVIRGOの装置や、岐阜県にある東京大学の装置「KAGRA(かぐら)」で観測が始まれば、ブラックホール...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる