50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

電動型垂直離着陸機(eVTOL=写真)の独ベンチャー、リリウムの機体に搭載される。

万博契機に技術高度化 空飛ぶクルマは、海外では「eVTOL(電動垂直離着陸機)」と呼ばれ、航空機に分類されている。

電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発する英バーティカルエアロスペースと21年に業務提携を結んだ。

現在はロケットや電動型垂直離着陸機(eVTOL)開発などの新領域も含め、成長への種まきを担っている。

都市間物流、eVTOL台頭 世界には空飛ぶクルマメーカーも含めて、インターネット上に機体の画像や動画、性能データを公開している民生用飛行ロボット(ドローン...

ヤマト、物流ドローンに有効性 欧の垂直離着陸機活用 (2022/4/14 建設・生活・環境・エネルギー)

ヤマトホールディングス(HD)は、オーストリアの電動垂直離着陸機(eVTOL)スタートアップのサイクロテックと共同で、強風下でも狭い土地に正確に着陸...

ニュース拡大鏡/ANAHD、ドローン物流事業化推進 レベル4解禁視野 (2022/3/21 建設・生活・環境・エネルギー)

同社の固定翼型垂直離着陸機(eVTOL)ドローンは、離着陸時以外は固定翼飛行機のように飛行する。

英バーティカルエアロスペース(VA、ブリストル)はその中でも、垂直に離着陸できる電動航空機「eVTOL」の開発を手がける。... 英ロールス・ロイスや米ハネウェルなど技術的に信頼できる...

丸紅は21年に電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発する英社と業務提携を結んだ。

ボロコプターが販売予定の電動型垂直離着陸機(eVTOL)に関し、ACGが最大10億ドル(約1150億円)の資金を用意する。

空飛ぶクルマは、電動型垂直離着陸機(eVTOL)とも呼ばれる。

eVTOLは電動モーターで複数の回転翼を回転させ、垂直離着陸できる小型航空機で、「空飛ぶクルマ」とも呼ばれる。ジョビーが開発するeVTOLは5人乗りで、最大航行距離は約240キロメートル超、最高速度は...

例えばフォーミュラワン(F1)で用いた高出力バッテリーの技術を電動垂直離着陸機(eVTOL)開発に活用する。

一方、eVTOLにはそのようなバックアップシステムがない。... また一部のeVTOLはパワードリフトシステムのみに依存している。... 乗客を運ぶeVTOLとしては極めて怖い話である。 &#...

ヘリコプターと同様、垂直に離着陸できる特徴を持つ電動のeVTOLは、安全な運航を担保する法整備が検討課題だが、物流や近距離の旅客輸送、中距離の移動、さらに救急搬送など幅広い領域での活躍が期待され、ヘリ...

さらに空の領域では電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発に取り組んでおり、30年代の事業化を目指している。

今後、計測結果をeVTOLの理論値と比較し検証する。 ... ANAHDはeVTOLを利用した旅客輸送サービスの25年の提供開始を検討。... 都市部に...

ユー・ピー・パートナーズは自律型飛行ロボット(ドローン)の米スカイディオ、電動垂直離着陸機(eVTOL)の米ベータ・テクノロジーズなど計10社に投資をしているという。&...

空飛ぶクルマは電動で垂直離着陸できる乗り物で「eVTOL」とも呼ばれる。

ホンダ、30年代めどeVTOL事業化 (2021/10/1 自動車)

eVTOLは「空飛ぶクルマ」とも呼ばれ、世界で開発競争が加熱している。... 将来は、完全電動化したeVTOLの開発も視野に入れる。 ... eVTOLのほかアバター(分身&...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる