[ 科学技術・大学 ]

京大iPS細胞研究所、ES細胞の心臓組織シートの簡易積層化手法を開発

(2015/11/24 05:00)

【京都】京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山下潤教授や京大再生医科学研究所の田畑泰彦教授らの研究グループは、マウスのES細胞(胚性幹細胞)から作製した心臓組織シートにゼラチンハイドロゲルの粒子を挟み、簡易にシートを積層化する手法を開発した。現在、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)でも同様の積層化に着手している。重症の心不全治療に役立つと期待される。

心臓の治療は心臓自体が常に拍動しているため、細胞移植などでの生着効率の悪さが課題となっている。

山下教授らはまずマウスES細胞から誘導した心筋と血管組織を用いた心臓組織シートを作製。そのシートに田畑教授が手がけた「ゼラチンハイドロゲルマイクロスフェア(GHM)」と呼ぶ水を含んだコンニャク状の粒子をシートの間に挟み込み、培養液が行き渡るようにした。

その結果、計15枚のシートを重ねることに成功した。得られたシートの中の細胞は1週間培養後...

(残り:228文字/本文:628文字)

(2015/11/24 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン