[ ロボット ]

イノフィス、無動力ロボスーツを開発−来年試験販売(動画あり)

(2015/11/25 05:00)


▲「マッスルスーツ」を装着し荷物を持ち上げる

イノフィス(東京都新宿区、藤本隆社長、03・5225・1083)は、電源など動力源の要らない装着型ロボット「マッスルスーツ=写真」を開発した。重さは4キログラムと軽いが、最大25キログラム重の力で荷物を持ち上げる力を支援する。装着型ロボは電池などの装備品が重く、またエネルギーを再充填する手間が課題だった。介護や物流などの現場で、要介護者や荷物を持ち上げる際の腰の負担を減らす。2016年春に試験販売を始める。

同社は東京理科大発ベンチャー。腰補助用マッスルスーツで動力源のないタイプを開発した。

荷物を持ち上げようとかがむと、背中に配した人工筋肉が伸びて空気圧エネルギーを蓄える。この力を持ち上げる際に利用する。かがむ際は上半身の体重を利用するため、作業者は持ち上げ時の補助効果のみを感じる。

人工筋肉は軽く、人間の体にフィットした力が出せる。人工筋肉に200キロパスカルの空気圧を充填した場...

(残り:211文字/本文:611文字)

(2015/11/25 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 動力源のないマッスルスーツ開発、2016年試験販売

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン