[ ICT ]

救急ヘリ病院ネット、交通事故の通報迅速に‐トヨタ・ホンダとシステム

(2015/12/1 05:00)

救急ヘリ病院ネットワーク(東京都千代田区)は30日、トヨタ自動車、ホンダと共同で救急自動通報システムの試験運用を始めたと発表した。交通事故発生時の車両データを活用して乗員のけがの程度を推定し、ドクターヘリ基地病院に通報するシステムで、通報から治療までの時間を短縮できる。2018年中の本格運用に向け効果を検証する。

同システムは、事故時の衝突の方向やシートベルト着用の有無などの車両データと、過去の事故データベースを活用して、運転席や助手席の死亡・重傷確率を推定する。ドクターヘリの出動を早期に判断することが可能になる。同ネットワークによると、システム導入により事故から治療開始までの時間を17分短縮できる。すべての車が同システムに対応すれば、年282人の救命が可能になるという。同日都内で説明会を開き、益子邦洋理事は「これで小さな一歩を踏み出せる。大きな一歩にして安全・安心な社会につなげたい」と抱...

(残り:166文字/本文:566文字)

(2015/12/1 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 救急通報にかけるトヨタとホンダの意気込みはいかに。

PR

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる