[ その他 ]

産業春秋/COP21の『パリ合意』

(2015/12/2 05:00)

“ポスト京都議定書”を決める気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は、異例の首脳級会合でスタートした。外務省気候変動課長の中野潤也さんは「合意のためのモーメンタリスイッチ(押しボタン)」と解説する▼国際社会には2009年のCOP15での苦い経験がある。途上国と先進国が対立する中、最終盤の首脳級会合でオバマ米大統領が直接交渉を買って出た。しかし途上国の首脳らは言質をとられまいと交渉を拒み、合意に失敗した▼会合の順を変えたのは、同じ轍(てつ)を踏むまいというホスト国フランスの意思だ。安倍晋三首相はじめパリに集まったトップは、それぞれの交渉担当官の背中を押して合意機運を盛り上げた▼今回、難航必至なのは国際社会から支援を受ける国の線引き。玉虫色のまま合意を先行したい日米などと、確約を求める途上国がにらみ合う。WWFジャパンの山岸尚之さんは「(支援対象が)どこの国か、そこはかとなく暗示する合意文書作りで日本が貢献しては」と訴える▼安倍首相は途上国支援を年間1兆3000億円に積み増すと表明したが、それが機能するのも『パリ合意』ができてこそ。温暖化対策のスイッチが、しっかり入ったかどうか見届けたい。

(2015/12/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる