[ その他 ]

産業春秋/日本の産業人の魂

(2015/12/3 05:00)

東京大宇宙線研究所長の梶田隆章さんのノーベル物理学賞受賞で脚光を浴びる浜松ホトニクス。同社の技術はヒッグス粒子の発見にも貢献し、いまや”ノーベル賞請負企業“の感すらある▼転機は1979年。梶田さんの大師匠である小柴昌俊さん(現東大特別栄誉教授)から『カミオカンデ』用の20インチ径光電子増倍管の開発依頼を受けた。当時の主流は1―1・5インチ。同社は8インチの開発に着手したばかりだった▼社長の晝馬輝夫さん(現会長)は「できないと言わずにやってみろ」と社員に発破をかけた。「小柴先生の人類未知未踏を探求する心に動かされた」と著書に心境を記している。これが2002年のノーベル賞につながった▼今でこそ営業利益率約20%の優良企業だが、かつては開発投資が先行し苦労した。それを1987年に出資という形で助けたのがトヨタ自動車社長の豊田章一郎さん(現名誉会長)。「配当には期待しないが、車に使える技術ができたら教えてくれ」と笑ったという▼ノーベルウィーク初日の6日、梶田さんは光電子増倍管をノーベル博物館に寄贈する。「ホトマル」の愛称を持つこの光センサーには、人類未知未踏への挑戦を支えた多くの日本の産業人の魂が宿っている。

(2015/12/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる