[ オピニオン ]

社説/COP21「パリ協定」(1)−自社事業への影響、長期的に検討を

(2015/12/15 05:00)

気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は日本時間13日未明に「パリ協定」を採択し、閉幕した。支援を求める途上国と先進国との緊迫した攻防が最後まで続いた。

薄氷を踏みながらもたどり着いた新協定は、京都議定書にかわる新たな国際枠組みだ。196カ国・地域の全加盟国が参加し、産業革命前に比べ気温上昇を2度Cよりも低く抑える目標を掲げた。1・5度C未満という努力目標も加えた。年1000億ドルを下限とする途上国への資金援助は、法的拘束力を持たない形で決着した。

国別の目標達成の義務化は見送ったものの、途上国と先進国が同じ枠組みに参加し、長期目標を共有したことは大きな成果だ。これを社会や経済構造を変える歴史的転換点にしたい。企業はパリ協定が動きだす2020年以降の変革を予想し、自社の事業への影響を検討しておくべきだろう。

パリ協定では、各国に温室効果ガス排出削減の国内対策の実施を義務づけている。世界中のどこの国で事業をする場合でも、この問題と向き合うことになる。

例えば中国は17年から排出量取引制度を全国規模に拡大する。2省5市で試行中だが、すでに世界最大の排出量取引市場を形成している。他の国でも今後、排出量取引や炭素税を導入するケースが増えるだろう。企業としては、事業展開する国・地域の政策を注視しなければならない。

また地域性だけでなく、今後のトレンドの変化も企業行動を左右する。パリ協定では目標の引き上げを前提に、5年ごとに進捗(しんちょく)を検証する制度を導入するとした。各国が将来、目標を上方修正する可能性を見込まなければならない。目先だけではなく、厳しい目標に備えた長期計画が必要だ。

ただ排出削減はエネルギー消費を抑え、コスト削減にもつながる。先手を打った企業ほど、自らの体質を強固にするだろう。

ここ数年、日本の温暖化対策は停滞していた。パリ協定をきっかけに再び取り組みを加速し、世界的に厳しさを増す温暖化対策に備えてもらいたい。

(2015/12/15 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる