[ 自動車・輸送機 ]

いすゞ、インドでMPVを開発・生産−ミニバン需要取り込む

(2015/12/24 05:00)

いすゞ自動車は2017年をめどにインドでミニバン型の多目的車(MPV)を開発する。新興国向け戦略車として同国で開発するピックアップトラックをベースにした車両で、16年にチェンナイ近郊で稼働予定の新工場で生産する。生産量は年数万台を見込む。インドの自動車市場は成長が期待される。現地ニーズを反映した車両を効率的に開発し、需要を取り込む。

いすゞはタイで生産するピックアップトラック「D―MAX」をベースに、インドで部品の現地調達率を高めて価格を抑えた新興国向け廉価版ピックアップを開発する。この廉価版をベースに耐久性に優れる7人乗りのMPVを開発する。ディーゼルエンジンを搭載した経済性の高い車両で、トヨタ自動車のミニバン「イノーバ」などと競合するとみられる。

いすゞは16年春の稼働に向けチェンナイ近郊のスリ・シティ工業団地にピックアップトラックの新工場を建設する。年産能力は当初5万台で、12万...

(残り:261文字/本文:661文字)

(2015/12/24 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • いすゞ自動車が2017年をめどに多目的車(MPV)でインド市場に攻勢をかける。現地ニーズを反映した車両の開発・生産計画が大詰めを迎える。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる