[ 自動車・輸送機 ]

日産、「ノート」にEV−パナソニック製電池調達、追浜工場で生産

(2016/1/8 05:00)

  • 新方式を採用しEVの航続距離の不安を軽減する(現行ノート)

  • 日産の追浜工場

日産自動車は今秋にも主力小型車「ノート」に、新たな駆動方式を採用した電気自動車(EV)仕様を追加し、日本で発売する。生産は追浜工場(神奈川県横須賀市)で行う。基幹部品の駆動用電池はパナソニック製を採用、EV用としては初めて外部調達する。国内の小型車市場はトヨタ自動車やホンダなどのハイブリッド車(HV)がひしめく激戦区。強みのEV技術を生かして国内市場で巻き返しを図る。

現行ノートはガソリン車仕様のみだった。それにEVの航続距離の短さをエンジンで補う「レンジエクステンダー付きEV」(用語参照)を追加する。同方式を採用した量産乗用車の国内投入は国産車メーカーとして初とみられる。EVの航続距離の不安を軽減するとともに、EV特有の走り味や環境性能を売りにして小型車販売をテコ入れする。

現行ノートは九州工場(福岡県苅田町)で生産している。EV追加に合わせて、全...

(残り:1,744文字/本文:2,144文字)

(2016/1/8 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 小型車市場で苦戦する日産。EV戦略の手の内は。

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる