[ 科学技術・大学 ]

原子力機構、「スピン液晶」の特性解明‐磁性材料開発に一役

(2016/1/15 05:00)

日本原子力研究開発機構先端基礎研究センターの研究グループは、磁性体におけるスピンが向きを持った「矢印」ではなく、「棒状」で自由に振る舞いながらそろう性質を持つ「スピン液晶」と呼ぶ新しい状態の特性の一端を明らかにした。新規の磁性材料の開発などに役立つ。日本物理学会が発行する英文誌(...

(残り:514文字/本文:654文字)

(2016/1/15 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 日本原子力研究開発機構先端基礎研究センターは、磁性体におけるスピンが「棒状」で自由に振る舞いながらそろう性質を持つ状態「スピン液晶」の一端を明らかにした。新規の磁性材料の開発などに役立つ。

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!5S入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!5S入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

変わる!農業金融
―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

変わる!農業金融 ―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

きちんと知りたい! 
飛行機メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン