[ 自動車・輸送機 ]

トヨタ、商品別組織に−4月に新体制、車台ごと区分け

(2016/1/18 05:00)

トヨタ自動車は4月に自動車事業を現在の地域別から車両サイズ別に分ける組織改革を実施する方針を固めた。先進国の「第1トヨタ」、新興国の「第2トヨタ」と地域軸で分けているビジネスユニット(BU)を見直し、プラットホーム(車台)ごとの商品軸でくくる方針。開発から生産、販売まで一貫して責任を持つ体制を目指す。年間の世界販売台数1000万台超の水準で持続的な成長を実現するため、ビジネスモデルの変革に挑む。

トヨタは設計改革「TNGA」で車台を順次、刷新している。TNGAに合わせる形で組織の枠組みも小型車や中型車、商用車などの車台ごとに分け、TNGAの効果を最大限に引き出す体制にする。既存のBUのうち高級車の「レクサスインターナショナル」と、変速機やエンジンなどユニット部品の「ユニットセンター」は継続させるもよう。

トヨタは2013年4月に自動車事業を地域別など四つに分けるBUを導入した。各BUは...

(残り:317文字/本文:717文字)

(2016/1/18 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる