[ 科学技術・大学 ]

阪大、ウエアラブル脳波センサー開発-計測精度は大型医療機器並み

(2016/1/21 05:00)

大阪大学産業科学研究所の関谷毅教授らの研究グループは、大型の医療機器と同等の計測精度を持つウエアラブル脳波センサーを開発した。額に貼るパッチ式で、簡単に装着できる。柔軟な電極とシート型ワイヤレス計測モジュール、小型の電池で構成し、厚さは6ミリメートル、重さは24グラム。導電性をもつゲル電極が額に密着し、運動時でもリアルタイムに脳波を計測できる。3年以内の実用化を目指す。

日本光電製の脳波計測器「Neurofax」との同時計測による比較検証では、同じ精度で脳波の計測に成功した。睡眠時では10―12時間継続して計測できる。うつ病やアルツハイマー型認知症の兆候も発見できるという。

従来型の脳波計は多数のケーブルを装着する必要があるなどの手間がかかるのに対し、パッチ式脳波センサーは冷却シートを額に貼る感覚でストレスなく装着できる。関谷教授は「医療機器としての用途だけでなく、介護の現場や家庭でも...

(残り:32文字/本文:432文字)

(2016/1/21 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン