[ 科学技術・大学 ]

慶大など、ヒトiPS由来の神経幹細胞使い細胞生存率を2倍に高める凍結保存技術を開発

(2016/1/25 05:00)

慶応義塾大学医学部の岡野栄之教授や中村雅也教授は、アビー(千葉県流山市)、日本ユニシスと共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の神経幹細胞を使い、細胞生存率が高まる凍結保存技術を開発した。磁場をかけながら細胞を凍らせる技術を利用。最も良い条件下では、従来手法と比べ約2倍の70%の細胞生存率になることを確認した。脊髄損傷患者に移植する神経幹細胞の保存技術として期待できる。 

脊髄損傷の治療では、受傷後2―4週のうちに神経幹細胞を移植する必要がある。患者の細胞からiPS細胞を経由して神経幹細胞を作り、移植する「自家移植」では、最適な移植時期に間に合わない。

そのため京都大学iPS細胞研究所(CiRA)では、他人の細胞を移植する「他家移植」による細胞治療用の細胞バンク構築を目指している。研究グループはこのバンク構想に基づき研究を進めていた。

研究グループは、凍結の際に作られる氷の結...

(残り:168文字/本文:568文字)

(2016/1/25 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる