[ 機械 ]

オークマ、来年度から3−4年継続し年100億円投資−本社に新工場

(2016/1/26 05:00)

【名古屋】オークマは国内工場強化のため、2016年度から3―4年間、年間100億円程度と高水準の設備投資を継続する。本社工場(愛知県大口町)リニューアル事業の第2弾となる新工場「DS2」の17年春の稼働や、可児工場(岐阜県可児市)で新工場棟建設などを検討する。足元の市況は踊り場にある工作機械だが、需要の伸長は持続すると見て、攻勢を続ける。

花木義麿社長は「3―4年間で300億―400億円かけて次の世代に競争力のある工場を残す」との方針を示した。オークマは本社工場リニューアルの第1弾として13年5月に中・大型旋盤や複合加工機を生産する新工場棟「DS1」を開設。生産動線をほぼ一直線にしたり、部品加工の自動化や設備の稼働状況の”見える化“も推進したりして、生産性を以前の1・5倍に高めた。

この手法を活用して小型旋盤や研削盤を作るDS2を16年度内に着工する予定。その後、部品配備や塗装などを担...

(残り:223文字/本文:623文字)

(2016/1/26 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 需要が停滞気味の工作機械業界で、あえて高水準の投資をする狙いは。

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる