[ 自動車・輸送機 ]

ヤマハ発、成膜技術供与−500度C超の高温耐性

(2016/1/27 05:00)

2輪車用マフラーから生まれた独自技術

  • 新技術が採用された大型バイク(右手に持っているのは、技術を応用したカクテルシェーカー)

【浜松】ヤマハ発動機は、2輪車用マフラーから生まれた独自技術「ナノ膜コーティング技術」を同業他社や異業種に技術供与する。500度C以上の高温に耐える無色透明の成膜技術は世界初という。すでに他の2輪車メーカーや自動車メーカーから引き合いがあるほか、太陽光パネルなど幅広い用途へ拡大していく。

マフラーは内側から高温の排ガスに、外側は風雨にさらされる。このため、車体と比べ酸化による錆(さび)や変色など劣化しやすく、自動車や2輪車メーカーの課題だった。ヤマハ発動機は耐熱、耐錆、耐摩耗性に優れる特殊な酸窒化系化合物を開発。物理気相成長(PVD)法により、耐熱性の高い被膜を作ることに成功した。

被膜は透明にすることも色をつけることも可能。製品の美観を損なわないだけでなく「宝石のような美しさを...

(残り:318文字/本文:718文字)

(2016/1/27 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • ヤマハ発動機は、2輪車用マフラーから生まれた独自技術「ナノ膜コーティング技術」を同業他社や異業種に技術供与する。500度C以上の高温に耐える無色透明の成膜技術は世界初。

PR

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる