[ その他 ]

産業春秋/地球の救世主

(2016/2/11 05:00)

若いころに「スイヘイリーベ…」と周期表を丸暗記した人も多いと思う。軽い方から並べた元素のトップが、原子番号1の水素である。この“軽いヤツ”が地球の救世主となる▼昨年12月の気候変動枠組み条約締約国会議では、今世紀後半に温室効果ガスの実質排出量をゼロにする目標を盛り込んだパリ協定を採択した。これを守るためには、石油などの化石燃料を燃焼させることが難しくなる▼中学の理科で水の電気分解の実験があった。マイナス極に火を近づけると分解された水素が燃えて水に戻る。水素は水という形で地球上に膨大に存在する無尽蔵の資源といえる▼燃料電池は家庭用コージェネレーションや自動車で実用化されたが、まだ化石燃料から取り出した水素を使うのが一般的だ。これだと水素を製造する過程で二酸化炭素が排出される▼化石燃料の輸入額は年20兆円を超える。原子力発電は低コストだが、廃炉や廃棄物の最終処分など多くの問題を抱えている。こうした従来型エネルギーへの投資を新たな水素生産・貯蔵の研究開発や実用化に振り向ければ、日本はエネルギー大国になれる。それを手がけた企業は世界制覇できる。そんな夢を、若い世代に忘れてもらいたくない。

(2016/2/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる