[ 科学技術・大学 ]

福島大、土壌付着セシウム除去する手法開発−リン酸二水素カリウム溶かした溶融塩使用

(2016/3/2 05:00)

福島大学共生システム理工学類の佐藤理夫教授らは、土壌などに付着した放射性セシウム(Cs)について、リン酸二水素カリウムを高温で溶かした溶融塩を使って高効率に除去する手法を開発した。汚染土壌を溶融塩に浸すとCsとカリウム(K)が置き換わり、8―9割程度を除去できる。東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる除染作業での利用が期待される。

化学肥料として一般に使われるリン酸二水素カリウムと汚染土壌を混合し、電気炉に入れて250度C程度で加熱。溶融塩により土壌中のCsを除去する。その上で土壌に付着した溶融塩は水で洗い落とす。この際、洗浄水に混じるCsについては、吸着剤などで回収できる。除染後の土壌は、土木資材などとして活用を見込んでいる。

福島県飯舘村の水田で採取した汚染土壌を使って実証実験を行った。その結果、粒径90マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以上の土壌について、82―96...

(残り:216文字/本文:616文字)

(2016/3/2 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 福島大学は、土壌などに付着した放射性セシウム(Cs)について、リン酸二水素カリウムを高温で溶かした溶融塩を使って高効率に除去する手法を開発した。東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる除染作業での利用が期待される。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる