[ 機械 ]

サイバーレーザー、レーザー計測開拓−フェムト秒型、低価格化

(2016/3/28 05:00)

高速分析ニーズ取り込む

  • 小型・低価格化を実現したフェムト秒レーザー光源

サイバーレーザー(東京都品川区、関田仁志社長、03・5798・3803)は、低価格のフェムト秒(1000兆分の1秒)レーザー光源を開発、レーザー計測市場に参入する。従来製品に比べて、体積で約8分の1の小型化と約半額となる2200万―2500万円の価格帯を実現した。レーザー誘起プラズマ分光法(LIBS)による食品製造ラインの全品検査や各種材料の遠隔・高速分析ニーズを取り込む。

フェムト秒レーザーは、極めて短い時間にエネルギーを圧縮するため、レーザー強度が高くなる超短パルスのレーザー技術。従来のYAGレーザーや二酸化炭素(CO2)レーザーに比べ、ナノレベルの微細加工が可能なほか、チタン合金やダイヤモンドなどの硬質材料の加工が行える。サイバーレーザーはこれまで加工市場を中心に事業展開してきたが...

(残り:280文字/本文:680文字)

(2016/3/28 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • サイバーレーザーが計測分野に参入することになった経緯とは?/新型レーザー光源の仕組みは?

PR

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる