[ ロボット ]

デンソー、産業用ドローンに参入 ヒロボーと共同開発

(2016/4/9 05:00)

▲公開された試作機 ▲道路橋の下を飛行する試作機(デンソー提供)

 【名古屋】デンソーは8日、産業用無人航空機(ドローン)市場に参入すると発表した。まずは道路橋など社会インフラ点検用として投入する。試作機(写真)を完成しており、自動車部品で培ったセンサー、制御技術を活用し、産業用ドローンとして世界最高水準の性能を実現。専門業者と組み点検サービス事業に乗り出す計画で、2016年後半に試行を始める。

 ラジコンヘリコプターなどを開発・製造するヒロボー(広島県府中市)と共同開発した。デンソーが制御部を、ヒロボーが機体を、それぞれ担当した。

 制御部の「D-CORE」は、羽根の角度を変えられる可変ピッチ機構を産業用ドローンとして世界で初めて導入した。上昇力しか出せない通常の固定ピッチとは異なり、下降力も出せるため、構造物に最短60センチメートルまで近接できる。

 定めた位置や姿勢を維持しやすく強風にも強い。垂直下降ができるため点検作業時間の短縮も図れる。サイズは最大箇所の幅が1040ミリメートル。機体は炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製で重量4・7キログラム。カメラなどを運搬できるペイロード最大重量は2キログラム。今後、実用化に向け改良を進め、自動操縦技術や構造物の損傷の程度を判断する画像解析技術なども開発する。

 国は2018年から老朽化したインフラに対し5年に1回の点検を義務付けるため、人手を補うドローンの活用が本格化するとみられる。デンソーはその需要を狙い、建設コンサルタント会社などと組んで点検サービス事業を始める。

(2016/4/9 05:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる