[ 医療・健康・食品 ]

富士通研がアンモニアを素早く測定できるセンサー、「生活習慣病」を早期発見

(2016/4/18 05:00)

富士通研究所(川崎市中原区、佐々木繁社長、044・754・2613)は、息に含まれるアンモニアの濃度を短時間で測定できる携帯型の呼気センサーを開発した。従来、特定のガス成分を抽出するには大型の分析装置が必要で、測定も1時間以上かかっていた。アンモニアは肝臓の代謝や、胃がんの危険因...

(残り:682文字/本文:822文字)

(2016/4/18 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 富士通研究所(川崎市中原区)は、息に含まれるアンモニアの濃度を短時間で測定できる携帯型の呼気センサーを開発した。アンモニアは、肝臓の代謝や胃がんの危険因子であるピロリ菌感染との相関があるとされ、生活習慣病などの早期発見に役立てる。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる