[ 政治・経済 ]

【熊本地震】大分でも震度5-週明けの工場稼働に支障なし【FREE】

(2016/4/16 05:00)

16日1時25分ごろ、大分県内も大きく揺れた。別府、由布の両市で震度6弱、日田市で震度5強、大分市で震度5弱を観測した。県内での地震の揺れとしては過去最大。県内各自治体は即座に災害対策本部を設置し、避難所を開設するなどした。

大分県内は自動車や素材といった関連産業が集積する。企業は社員の安否や生産ラインの確認に16日早朝から追われた。ただ大きな被害はなく、週明けの工場稼働に支障はなさそうだった。

大分市の臨海部には新日鉄住金大分製鉄所をはじめとするコンビナートがある。各社ともこれまでの地震では大きな被害はなかった。

樹脂成形品を手がける大川金型設計事務所(日出町)と菓子メーカーのざびえる本舗(大分市)は通常操業した。プレキャストコンクリートメーカーの池永セメント工業所(同)、各種検査装置、医療機器を製造するデンケン(由布市)、精密スプリング製造の中央発条工業(日田市)などは休日だった。被害はなく月曜日から通常操業という。

ただ大川金型設計事務所の幹部は、納品先の自動車部品メーカーが完成車メーカーに部品供給する際に、一般道を使用することになるため「納期に遅れが出るのでは」と危惧する。また中央発条工業の幹部は週明け社員の出社を心配する。日田市内で道路被害があるためだ。

大分市内は徐々に日常を取り戻しつつある。だが余震は続いている。災害に対して注意を怠らず、予断を許さない状況は変わらない。

(2016/4/16 05:00)

関連リンク

土曜版・産業総合のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる