[ トピックス ]

【熊本地震】復旧支援・義援金−札幌市ほか

(2016/4/22 05:00)

◆下水道職員派遣

札幌市 熊本県などで相次ぐ地震での被災地支援として、食糧や水、簡易トイレなど応急救援備蓄物資を送付した。熊本市から支援要請を受け、下水道の担当職員も派遣した。下水管の被害状況を調査する。第1班(4人)は26日まで。第2班(4人予定)は25日から5月2日まで。熊本市内の避難所運営支援として、4月27日から5月18日の間で5班(各34人)に分けて計170人の職員を派遣する予定。

◆自動車納税を延期

栃木県 熊本地震の被災者の負担軽減のため、熊本県と大分県の住所を持つ栃木県ナンバーの自動車税納税義務者の2016年度納税通知書の送付を延期し、納期限も当初の6月から8月末頃まで延期する。対象は熊本県で70人、大分県で43人の計113人。

◆飲料水など発送

東京都八王子市 飲料水600本(2リットルペットボトル)とアルファ米500食分を熊本市に発送した。東京都の要請を受けて、避難所で被災者のケアを行う保健師のほか、被災建物の危険度判定を行う市職員の派遣準備を進めている。八王子市庁舎などで義援金の受け付けを始めた。受付期間は6月30日まで。

◆副知事ら特命団

福岡県 「平成28年熊本地震」支援特命チームの派遣を始めた。リーダーの大曲昭恵副知事と関係部局の次長級職員7人の計8人編成。同チームを中心に人的、物的、医療・介護分野の迅速で的確な支援を図る。県は14日の地震発生から延べ1800人の救助隊などを派遣。薬剤師、保健師などは被災者の健康管理などを行う。また職員28人を熊本県益城町、同阿蘇地域振興局に3人の派遣を予定する。

◆被災者に物件紹介

福岡県宅地建物取引業協会 ホームページの「不動産情報ネットふれんず」に「熊本地震被災者支援特集」を追加した。福岡県内で敷金や礼金、仲介手数料が不要で即入居できる物件を紹介している。

◆支援物資受け付け

佐賀市 佐賀市役所大和支所の旧大和健康管理センターで30日まで支援物資を受け付ける。時間は9―19時。受け付けるのはカップ麺など保存食、飲料水、乳幼児用おむつ、おしりふき、粉ミルク、生理用品、歯ブラシ、トイレットペーパー、タオル。未開封に限る。

(2016/4/22 05:00)

関連リンク

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる