[ トピックス ]

【熊本地震】半導体、復旧進む−BCP機能、想定より早く

(2016/4/22 05:00)

熊本地震で被害を受け工場を停止していた半導体各社で、復旧が想定以上の早さで進んでいる。三菱電機は21日、熊本県合志市のパワー半導体工場の一部生産を5月9日に再開する予定だと発表した。25日に生産再開見通しを公表するとしていた東京エレクトロンは、当初見通しより早い25日から熊本県合志市の生産拠点を段階的に稼働させる計画だ。ルネサスエレクトロニクスも22日に熊本市のグループ工場で稼働を一部再開する。

三菱電機は同菊池市の液晶工場でも生産再開に向けた作業を始めており、月末までに再開見込み時期を示す。東京エレクトロンはまずは生産子会社の東京エレクトロン九州(熊本県合志市)の主力工場である合志事業所(同)の復旧に集中。21日は作業に携わる社員が出社した。

同事業所では半導体製造装置や、フラットパネルディスプレー製造装置を生産する。25日から段階的に生産を再開し「徐々に通常稼働に近づけていく」(広報担当者)方針だ。一方、大津事業所(熊本県大津町)では確認作業を続ける。

ルネサスエレクトロニクスは当初、生産子会社ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリングの川尻工場(熊本市南区=写真)の生産再開日程を21日に公表するとしていたが、20日に前倒しして、22日に再開する方針を示した。ルネサスは工場が大きな被害を受けた東日本大震災を経てより強固な事業継続計画(BCP)を策定した。今回はBCPが機能し、早めの復旧につながったようだ。

一方、ソニーの生産子会社ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(熊本県菊陽町)は熊本テクノロジーセンター(同)の稼働再開に向けた確認作業を続けている。同拠点では画像センサーを手がけている。

半導体は種類によって生産プロセスに差がある。このため「装置の条件設定が複雑なラインの場合は、通常稼働までにある程度の時間がかかるのではいか」(半導体装置メーカー関係者)との声もある。

(2016/4/22 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる