[ オピニオン ]

社説/ドローンの農業利用−日本の狭い田畑に適した手法だ

(2016/4/22 05:00)

 農林水産省が、飛行ロボット(ドローン)を想定した無人航空機利用技術指導指針を策定した。無人ヘリコプターより低空を飛行できる上に、コストも安い。中山間地や飛び地の多いわが国の農業実態に適している。適切な利用と普及で、農業の生産性向上や作物の高付加価値化に貢献してもらいたい。

農業機械としてドローンの用途は、種まきや農薬散布、作物の生育状況監視など。またカラスなどの害鳥・害獣を追い払うことや、災害時の施設状況確認も可能だ。林業や漁業なら他の利用法も考えられる。

現在、こうした用途は無人ヘリが担っている。ただ導入には1000万円を超す費用がかかるのが普通で、大半の農家は手が出ないという。農業用ドローンなら機体価格は200万−300万円。リースを活用すれば、さらにハードルが下がる。

農水省は、農産物の生産性向上のため水田を中心に大規模・集積化を進めている。ただ田畑が続いていない地形上のネックや、所有者不明農地や耕作放棄地の増加などから、北海道のような一部地域を除くと思うように進んでいない。

飛び地状の農地や小規模農地では、無人ヘリを無理に導入しても宝の持ち腐れに終わる懸念が大きい。中小規模の水田5カ所に農薬散布するような作業は小回りのきくドローンの方が得意。住宅地に近ければ、農薬が風に吹かれて拡散する懸念を考慮しなければならない。周辺の無農薬栽培の畑に影響が出ないようにする必要もある。同じ畑でも複数作物を並行して育てている場合が多く、キメ細かな作業が求められる。

また果樹園や山林の農薬散布では、ヘリでまいても葉にかかるだけで効果が乏しい。ドローンを使ってピンポイントで散布する方が薬剤使用量を節約できる。同時にヘリより低空に降りられる利点を生かし、高精度で作物の生育監視をすれば、さらに生産性が高まろう。

ドローンの農業利用は多くの可能性を秘める。飛行安全の確保や操縦訓練に努めつつ、市場の拡大に挑んでほしい。

(2016/4/22 05:00)

関連リンク

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる