[ 政治・経済 ]

JICA、フィリピンの車産業支援−金型・部品など重点、振興計画策定へ

(2016/5/3 05:00)

国際協力機構(JICA)はフィリピンの貿易産業省に協力し、同国の自動車産業の振興計画を策定する。ピラミッド構造である自動車産業の裾野である部品製造から、頂点の車両組み立てまでの各工程ごとにフィリピンの強みと課題を洗い出し、必要な産業施策をつくる。2016年度中に着手し、2年間かけて策定する。JICAがフィリピンで自動車産業に特化した協力をするのは初めて。

早ければ5月に実態調査を担うコンサルティング会社を公募し、夏にかけて始動する。2年後に計画ができた後は、フィリピンの産業政策の決定機関である産業振興評議会の承認を経て実行に移すことを目指す。

フィリピンの新車販売台数は15年に30万台を超え、市場が急拡大している。日本車のシェアが約8割を占める。一方、現地生産は部品など裾野産業が育っておらず、販売台数の約3割にとどまる。自動車に使われる3万種類の部品のうち、フィリピンで調達できるの...

(残り:397文字/本文:797文字)

(2016/5/3 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる