[ ロボット ]

簡単に命令できる接客ロボット-慶大が飲食店・教育など向けに開発 

(2016/5/4 05:00)

慶応義塾大学理工学部管理工学科の山口高平教授と森田武史専任講師らは、一般ユーザー向けのロボットサービス設計プラットフォーム「PRINTEPS(プリンテプス)」を開発した。「あいさつ」や「注文」「調理」「配膳」などと、作業フローを描くとロボットが実行する。教師や飲食店のスタッフなどのロボットに詳しくない人材でも、ロボットを使ったサービスをデザインできるようになる。

一般ユーザーが人間のサービスフローを書く感覚でロボットに指示を出せる。サービスの流れに対し、各作業のロボット用プログラムを技術者が用意する。

例えば喫茶店での「入店時対応」では「待ち時間の確認」や「行列客にメニュー配布」などとユーザーが設計する。すると技術者はロボット用に来客検知や移動計画などのプログラムをつくる。

すでに喫茶店と授業向けにプログラムを100プログラム準備した。今後4年間で500プログラム程度に拡充する。50...

(残り:220文字/本文:620文字)

(2016/5/4 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる