[ ロボット ]

簡単に命令できる接客ロボット-慶大が飲食店・教育など向けに開発 

(2016/5/4 05:00)

慶応義塾大学理工学部管理工学科の山口高平教授と森田武史専任講師らは、一般ユーザー向けのロボットサービス設計プラットフォーム「PRINTEPS(プリンテプス)」を開発した。「あいさつ」や「注文」「調理」「配膳」などと、作業フローを描くとロボットが実行する。教師や飲食店のスタッフなどのロボットに詳しくない人材でも、ロボットを使ったサービスをデザインできるようになる。

一般ユーザーが人間のサービスフローを書く感覚でロボットに指示を出せる。サービスの流れに対し、各作業のロボット用プログラムを技術者が用意する。

例えば喫茶店での「入店時対応」では「待ち時間の確認」や「行列客にメニュー配布」などとユーザーが設計する。すると技術者はロボット用に来客検知や移動計画などのプログラムをつくる。

すでに喫茶店と授業向けにプログラムを100プログラム準備した。今後4年間で500プログラム程度に拡充する。50...

(残り:220文字/本文:620文字)

(2016/5/4 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

“数”の管理から“利益”の管理へ 
S&OPで儲かるSCMを創る!
第2版

“数”の管理から“利益”の管理へ S&OPで儲かるSCMを創る! 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい道路の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい道路の本

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 
稼働率神話が工場をダメにする

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 稼働率神話が工場をダメにする

会社は生き返る
カリスマドクターによる中小企業再生の記録

会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

わかる!使える!NC旋盤入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!NC旋盤入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン