[ 自動車・輸送機 ]

キャタラー、直噴車用GPF触媒の量産技術確立-燃費向上とPM除去両立

(2016/5/25 05:00)

【浜松】キャタラー(静岡県掛川市、砂川博明社長、0537・72・3131)は、直噴ガソリン車の燃費を向上させながらすすなど粒子状物質(PM)を取り除くGPF(ガソリン・パティキュレートフィルター)用触媒「4way触媒」の量産技術を確立した。GPF基材に塗布し浄化機能を付加する。採用されれば世界初。2017年以降、環境規制が強化される欧州を中心に採用を目指す。

4way触媒は排ガスに含まれる炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOX)、一酸化炭素(CO)といった有害物質を触媒反応で無害化する三元(3way)触媒の機能に、PM除去機能を加えた。

直噴ガソリン車は通常のガソリン車よりPM排出量が多い。このため燃費と環境性能を両立できるGPFの搭載が不可欠となる。

ガソリン車にはPMの捕集機能を持たないフィルター基材2個の搭載が多い。PMの捕集機能を高めるにはディーゼル車の粒子状物質減少装置(DP...

(残り:160文字/本文:560文字)

(2016/5/25 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる