[ ロボット ]

産総研発ベンチャー、バイオ実験ロボを17年秋にも海外販売

(2016/5/31 05:00)

産業技術総合研究所(産総研)発ベンチャーのロボティック・バイオロジー・インスティテュート(東京都江東区、高木英二社長、03・6380・7100)は、2017年秋にも海外展開を始める。欧米に各2拠点ずつ営業・技術拠点を開設し、さまざまな種類のバイオ実験を1台でこなすロボットを販売する。医薬品分野で高い国際競争力を持つ欧米で早期に普及させ、世界のデファクトスタンダード(事実上の標準)を狙う。

ロボティック・バイオロジー・インスティテュートは産総研と安川電機が共同開発した汎用ヒト型ロボット「まほろ」を事業化するために、15年6月に設立した。主にバイオメディカル分野における各種作業の自動化を狙う。同11月には共同開発先の安川電機のほか、科学技術振興機構(JST)が資本参加した。

海外拠点は、欧州では英国とドイツに拠点を設ける。米国ではボストンなどの東海岸、サンディエゴやサンフランシスコなど西海...

(残り:399文字/本文:799文字)

(2016/5/31 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる