[ オピニオン ]

産業春秋/スマート電車の充電

(2016/7/6 05:00)

栃木県のJR烏山線を走る蓄電池電車「ACCUM(アキュム)」が、静かな話題になっている。リチウムイオン電池で動く列車は国内初。非電化路線で一般的なディーゼル車と違って、エンジン音も排ガスも出さない。緑豊かな沿線風景と都会風ステンレス車両との「ギャップがたまらない」とは、鉄道ファンの企業経営者。

現在は2両1編成のみ。搭載する電池の容量は、プラグインハイブリッド車用の約40個分に相当するとか。電化区間への乗り入れ用にパンタグラフも装備する。

見どころは、下り終点の烏山駅ホームでの急速充電だ。パンタをぐいっと伸ばし、剛体架線から電気を取り込む姿はけなげにすら感じる。車内の表示器には、その時々のエネルギーの流れが図解される。

座席の緑の装飾は烏山の「山あげ祭」をイメージした。和紙で作った高さ10メートルの築山を背に、野外歌舞伎を演じる素朴な祭。地元では7月22―24日の本番に向けて準備に余念がない。

2018年春のJRグループの大型観光キャンペーンに、栃木県が選ばれた。今から準備して、アキュムを生きた教材にした環境体験教室はどうだろう。もちろん食や自然も満喫すれば、来県者はしっかり“充電”できるだろう。

(2016/7/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる