[ ICT ]

【電子版】英ダークトレースにソフトバンクなど出資-サイバー脅威感知にAI活用

(2016/7/7 05:00)

(ブルームバーグ)サイバーセキュリティー会社のダークトレースは新たな資金調達で米投資会社 KKRや ソフトバンクグループから6500万ドル(約65億8500万円)を集めた。英ケンブリッジを本拠とするダークトレースは脅威の感知に人工知能(AI)を利用している。

今回の資金調達では ダークトレースの価値を4億ドル強と評価。サンフランシスコを本拠とするベンチャーキャピタル会社テンエレブンや、ロンドンを拠点とするグロースファンドで既にダークトレースに出資しているサミット・パートナーズも参加した。

ダークトレースは、マイク・ リンチ氏率いるテクノロジー投資会社インボーク・キャピタルの支援を受けて2013年に創業。オートノミーの共同創業者で元最高経営責任者(CEO)のリンチ氏によると、ダークトレースの売り上げは年600%のペースで伸びており、成長維持を確実にする上で今回の資金調達が鍵を握っていた。

リンチ氏は、ダークトレースが特に米国とアジアでの事業拡大を目指していることから、KKRとソフトバンクの出資を得ることを強く期待していたと説明。インボークは引き続きダークトレースの筆頭株主となる。

KKRのテクノロジー・グロース・エクイティチームのプリンシパル、スティーブン・シャンリー氏は資料で、ダークトレースの製品は「他のサイバーソリューションでは特定できない脅威を感知できる」と指摘。英国を本拠地としていても同国の欧州連合(EU)離脱による同社ビジネスへの影響は小さいとの見方を示した。

原題: KKR, Softbank Fund Mike Lynch’s Darktrace Cybersecurity Startup(抜粋)

(2016/7/7 05:00)

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる