[ トピックス ]

【熊本地震】国交省、組み立て式バックホウ投入−ヘリで被災地にパーツを空輸

(2016/7/8 05:00)

  • 分解式の大型バックホウを空輸

熊本地震で発生した土砂災害を受け、国土交通省は阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)付近の斜面頂上部にアクセスできる道路の造成に向け、組み立て式の大型バックホウを現場に搬入した。ヘリコプターで12個からなるバックホウ1台分のパーツを空輸。今週末に組み立てし、来週からの運用を予定している。

災害現場に投入した大型バックホウは、バケットのサイズが1立方メートル。通常は0・7立方メートルだという。大規模災害で道路が通行できないような場所での作業を効率化するため、国交省が開発した。保有台数は全国で11台。うち1台を九州に配備している。災害時に分解した同バックホウをヘリで空輸したのは全国で2事例目。九州では初めて。

バックホウのパーツはヘリでつれるように重量は2・8トン以下に抑えている。運転席やエンジン、アーム、走行部などの各ユニットで構成する。組み立てには小型クレーンが必要で、パーツと合わせて現地に搬入した。

(2016/7/8 05:00)

関連リンク

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる