[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説つき)

(2016/8/2 05:00)

■ランキング・ベスト10(7/25~7/29)

1位 研究開発費、トヨタ1兆円で首位−本社R&Dアンケート、全体は2.5%増で7年連続プラス

2位 JAXA、半導体の高性能単結晶を作製−PC・スマホ処理性能が2-10倍に

3位 京大、最適なiPS細胞の選択に道-血液細胞への分化能の予測法発見

4位 化学各社、自動走行システムの関連部材を相次ぎ投入−10年後5兆円規模の市場開拓

5位 熊本地震/熊本城の「奇跡の一本石垣」補強−やぐらを鉄骨で仮支え

6位 富士電機、IoT向けFA機器提案強化-18年度売上高、倍増の300億円に

7位 日本マクドナルド、ポケモンGOとコラボ−店内で「ジム」や「ポケストップ」提供

8位 ポケモン相場終幕?−関連銘柄総崩れ、任天堂株ストップ安

9位 いすゞ、中国・慶鈴汽車と大型トラック開発−現地で製販、輸出も視野

10位 ファナック、経営体制を刷新−稲葉会長兼CEO・山口社長兼COOに聞く

■解説:研究開発費、トヨタ1兆円で首位−本社R&Dアンケート、全体は2.5%増で7年連続プラス

 日刊工業新聞で毎年恒例の主要企業を対象にした研究開発(R&D)アンケートによれば、2016年度の研究開発投資額(計画)合計は前年度実績比2.5%増で、7年連続のプラスとなった。うち、力を入れる分野で最も多いのが回答した230社の68%(複数回答)を占める「環境・エネルギー」。ニーズが高く、ほとんどの企業に関係する裾野の広さも影響しているようだ。

 さらに、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の人気ぶりも今回の大きな特徴。5位の「ビッグデータ/IoT」が前回より15ポイント増の36%、6位の「ロボット/AI」が同じく約2倍の27%で、前回5位の「安全・防災」(24%)を上回った。企業としては投資に対する成果がより求められる中、「重点領域の設定と戦略的なテーマへの重点投資」(パナソニック)というように、メリハリをつけた投資姿勢も目立つ。

(2016/8/2 05:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる