[ 自動車・輸送機 ]

トヨタの今期見通し、営業益43%減−円高響き下方修正

(2016/8/5 05:00)

トヨタ自動車は4日、2017年3月期(米国会計基準)連結決算業績予想を下方修正し、営業利益が前期比43・9%減の1兆6000億円になりそうだと発表した。円高傾向で、期初予想から営業利益を1000億円下方修正。売上高も同8・5%減の26兆円と、期初予想より5000億円低く設定した。英国の欧州連合(EU)離脱問題などで為替が円高に振れ、トヨタの業績に影を落とす。

原価改善や拡販の取り組みを円高が打ち消す。通期の為替レートは1ドル=102円(期初見通し比3円の円高)、1ユーロ=113円(同7円の円高)に見直した。円高は通期で計1兆1200億円の減益要因だ。

一方、世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は1015万台と期初予想通り。北米やアジアで期初からそれぞれ3万―6万台積み増す一方、中近東など「その他」は12万台減。大竹哲也常務役員は「16年自動車市場は少なくとも前年並み。17...

(残り:182文字/本文:582文字)

(2016/8/5 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる