[ 自動車・輸送機 ]

トヨタの今期見通し、営業益43%減−円高響き下方修正

(2016/8/5 05:00)

トヨタ自動車は4日、2017年3月期(米国会計基準)連結決算業績予想を下方修正し、営業利益が前期比43・9%減の1兆6000億円になりそうだと発表した。円高傾向で、期初予想から営業利益を1000億円下方修正。売上高も同8・5%減の26兆円と、期初予想より5000億円低く設定した。英国の欧州連合(EU)離脱問題などで為替が円高に振れ、トヨタの業績に影を落とす。

原価改善や拡販の取り組みを円高が打ち消す。通期の為替レートは1ドル=102円(期初見通し比3円の円高)、1ユーロ=113円(同7円の円高)に見直した。円高は通期で計1兆1200億円の減益要因だ。

一方、世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は1015万台と期初予想通り。北米やアジアで期初からそれぞれ3万―6万台積み増す一方、中近東など「その他」は12万台減。大竹哲也常務役員は「16年自動車市場は少なくとも前年並み。17...

(残り:182文字/本文:582文字)

(2016/8/5 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる