[ 機械 ]

第46回機械工業デザイン賞(8)日本工作機械工業会賞−ヤマザキマザック

(2016/8/9 05:00)

  • 開発した5軸制御複合加工機と開発陣

【5軸制御立形複合加工機 VARIAXIS i-1050T】

作業者の負担減に重点

最大で直径1250ミリ×長さ900ミリメートルもの大きな加工対象物(ワーク)に対応する本機は航空機部品の加工を想定して開発した。ゆえに大型で高価な素材を扱う場合が多い。作業者は「ワークをだめにすることを避けたいので、頻繁に加工エリアに出入りをする」(西田貴美技術本部商品開発2部部長)。

作業者が加工エリアに入る際、段差で滑って転んだり、反復動作で体を痛めたりしないように心がけたのが「作業者に負担をかけない設計」(同)だ。

ワークを置くテーブルの近くまで作業者が寄れるよう、機械の前面よりさらに内部に入れるスペースを設置。ワークの設置や工具の確認などが容易にできるようにした。

機械自体のサイズも大きいため、「必要以上に機械を大きくみせない」(安田岳司技術本部商品開発2部グループリーダー)ことにも気を配った。外観は出っ張りを極力排除し、サイコロ形状に仕上げた。内部の機器配置は3次元CADを活用して、設計段階からレイアウトを立体的に捉えて考案。置き場所の制約が比較的低い補機類や周辺機器の配置を工夫し、外形から部品の飛び出しを抑えた。

搭載するコンピューター数値制御(CNC)装置「マザトロール・スムースエックス」が装備する機能「スムース・マシニング・コンフィギュレーション」のデザインも高評価を得た。「加工時間」「滑らかさ」「形状精度」といった加工の要素のうち、何を優先するか。各項目を棒グラフ状で画面に示し、それをタッチ操作で伸縮させると、CNCがそれに見合ったパラメーターを自動調整する。

従来は同社の技術者が出向き、顧客の要望に応じてパラメーターを設定していたが、この機能は「お客がパラメーターを気にせず、速度や滑らかさなどの優先する項目を見た目で選べる」(木村守邦技術本部NCソフト開発部部長)。加工の性格付けが直感的にわかるようにビジュアル化したCNCの画面デザインも、負担減に一役買っている。

(名古屋・江刈内雅史)

(2016/8/9 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン