[ 自動車・輸送機 ]

日産、横浜工場で新型エンジンを来年生産開始−圧縮比自在に変化

(2016/8/15 05:00)

  • 新型エンジンを搭載するインフィニティQX50

日産自動車は2017年に、横浜工場(横浜市神奈川区)で新型ガソリンエンジンの生産を始める。新型エンジンは圧縮比を変えられる世界初の技術を採用。海外で展開する高級車ブランド「インフィニティ」のスポーツ多目的車(SUV)「QX50」に搭載する。低燃費と高出力を両立する新型エンジンの搭載で競争力を高める。

エンジンの主力拠点である横浜工場に新ラインを設置する。新ラインでは新型エンジンとユニット部品を量産するほか、新工法の開発や新たなパワートレーン系部品の量産技術の確立に役立てる。総投資額は約75億円。

新型ガソリンエンジンはピストンの最高点を変えられる機構を付加しており、圧縮比を8−14の間で連続的に変化できる。圧縮比を変えられると、低燃費と高出力を両立しやすくなる。

排気量は2000ccで直列4気筒。ターボチャージャー(過給器)と組み合わせて排気量を小さくしつつ出力を維持するダウンサイジングターボエンジン。高級セダン「スカイライン」や高級ミニバン「エルグランド」に搭載する同3500ccのV型6気筒エンジンの後継に位置付ける。

インフィニティは中国を中心に販売が伸び、15年の世界販売は前年比15%増の20万台超となった。商品群を拡大しており、17年には独ダイムラーと小型車の共同工場を稼働する計画もある。

新型エンジンはインフィニティ事業の強化策の中核となる。今後はインフィニティだけでなく、ルノー・日産自動車連合の他のブランドへの展開も検討している。

(2016/8/15 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる