[ オピニオン ]

産業春秋/人の自由意思

(2016/8/17 05:00)

IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ビッグデータといった言葉も、ようやく耳になじんだ。建物内に設置したカメラやセンサーで人の行動を捉え、AIで解析して誘導や購買につなげる研究や実験が進んでいる。

しかし現実は、これらの言葉が登場する前から人の行動はデータ化され、利活用されている。代表的な例はコンビニエンスストア。店に入れば動線に従って窓側の雑誌コーナーに引き寄せられ、何となく飲み物や菓子を買って出ている自分に気づく。

スマートフォンやパソコンでも、位置情報やキーワード検索にあわせた広告が表示される。便利になったと感じるだけで、違和感を持たない人もいるだろう。

見ず知らずのだれかに自分の行動を監視され、何をするかを予測される。そう考えれば居心地の悪さを感じる。とはいえ自分を監視している“だれか”は、無機質で感情を持たない電子回路でしかないのだが。

チェスや将棋、最難関とされていた囲碁もコンピューターが勝利を収めつつある。いずれIoTやAIによる人間のコントロールも、さらに巧妙になる。その頃の人間は操られていることを自覚できず、自らの意思で将来を決めたと信じているのだろうか。

(2016/8/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン