[ 機械 ]

第46回機械工業デザイン賞(13)審査委員会特別賞−庄田鉄工

(2016/8/24 05:00)

  • NCルータ新ブランド「プラネットブルー」と庄田社長(中央)

【NCルータ PLANET BLUE SPB5−1326】

完全ダストフリー実現

「世界で初めてNC(数値制御)ルータを世に送り出した会社の使命だ」(庄田浩士庄田鉄工社長)。人や地球環境にやさしい次世代NCルータを目指し、2014年にトップの肝いりで開発がスタート。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など加工する材料が変化する中、「粉じんが出て当たり前という業界常識を打ち破る」(吉林基支技術部係長)挑戦だった。

NCルータの加工対象は鉄よりも軽い木材や焼結前のセラミックス、CFRPなど。これらはドライ(乾式)状態で加工するため、切削くずは細かい粉じんとなる。マシニングセンター(MC)と比べ加工対象物(ワーク)も大きいため従来の粉じん対策では機械全体を覆うことが多く、作業者は粉じんが舞い上がる中での作業を余儀なくされていた。

作業者の健康を守り、かつ高精度に加工するためには「駆動部をいかに加工エリアから隔離するか」(吉林係長)が難関だった。微細な粉じんが摺動(しゅうどう)面や駆動部に付着すると、製品精度や機械寿命に大きな影響を及ぼす。

開発品は主軸に集じん口を取り付け、加工エリアをカバーで覆った。内部の気圧を大気圧より低くしているため粉じんがカバー外部へ出ない。切削加工中や切削加工後も全体カバーを閉めた状態で粉じんを除去するエアブローができ、“完全ダストフリー”を実現している。

構想から完成まで約10カ月。「構想が固まるまではプレッシャーがあったが、実際に開発が始まるとほぼ構想通り順調に進んだ」(同)と振り返る。

“プラネットブルー”は庄田鉄工の新ブランドとして、将来の方向性を示す。深い青と白で描いたカバーの特徴的なデザインは「青く美しい地球」をイメージ。今後は同機を日本のほか海外の展示会にも積極的に出展し、ブランド浸透を図る。

26年には創業100周年の大きな節目を迎える。「その時に世界一のNCルータメーカーになっていたい」と庄田社長の目標は明確だ。

(浜松編集委員・田中弥生)

(2016/8/24 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン