[ オピニオン ]

社説/産業観光の魅力−外国人滞在型の新コンテンツ目指せ

(2016/8/30 05:00)

訪日外国人客を産業観光に誘致しようとする取り組みが、関西で本格化している。本年も好調に増加する外国人客だが、消費の中身は変化している。この機を捉え、地方の産業観光施設を活用した滞在型の産業観光を新たな日本のコンテンツとして育てるべきだ。

近畿経済産業局などは10月に、関西国際空港で外国人客向けの「関西産業観光博覧会」を開く。産業観光に特化した博覧会は全国初という。産業観光は歴史的・文化的に価値ある工場や機械などの産業文化財や製品を通じ、モノづくりの心にふれるものだ。これを外国人客向けの新たな観光のコンテンツに育てることを狙っている。

政府観光局が発表した7月の訪日外客数(推計値)は、前年同月比19・7%増の約229万人。15年と同様、1月から毎月増えている。一方、日本百貨店協会の7月の外国人観光客の売上高・来店動向によると、外国人観光客招致委員会委員店(84店)の免税手続きの総売上高は前年同期比21・0%減の約146億円。4月から4カ月連続前年割れとなった。

一時期、もてはやされた“爆買い”が転機を迎えたことは明らかだ。今後は各地の祭りや生活様式、食の魅力などを含めた観光の“深化”が求められる。

近畿経産局はウェブサイトで関西2府5県の産業観光施設約500件を紹介し、体験できる五つのモデルコースを設けている。関空で10月に開く産業観光博は、これをベースとしたもの。国の出先機関や関西の自治体、経済団体、交通機関、旅行会社が一堂に会する。

産業観光は、まだ欧米などごく限られた旅行者にしか支持されていない。ただ観光コンテンツとして定着すれば、地場産業の生産現場や工芸品の作業場に多くの旅行者の来訪が期待できる。日本のモノづくりに対する考えや丁寧な作業を理解してもらい、メード・イン・ジャパンの良さをあらためて知る機会にもなる。同時に地域経済の活性化や地方創生につながるはずだ。関西から是非、モデルケースを生んでもらいたい。

(2016/8/30 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる