[ オピニオン ]

社説/スポーツカー活況−小規模でもモノづくり力磨く好機

(2016/8/31 05:00)

最近、スポーツカーの新型車の発売が相次いでいる。クルマ好きのためのニッチな市場だと思われがちだが、メーカーにとってはモノづくりのノウハウを蓄積する好機であり、歓迎すべき流れといえる。

国内の自動車市場が伸び悩む中で、スポーツカーは活況だ。三菱総合研究所によると、リーマン・ショックや東日本大震災の影響で2011年に約6000台に減ったが、これを底に上昇に転じ、15年は過去10年で最高の4万台超に増えた。

50代以上が、自分のライフスタイルを楽しむために購入することが多いという。自動運転やエコカーがもてはやされ、安全・環境・実用性が重視される中で、興味深いトレンドといえるだろう。

走行性能やデザインを追求したスポーツカーは、一握りのクルマ好きの客層を満足させるニッチな市場だ。だが自動車メーカーにとっては、技術の粋を結集することでモノづくりのノウハウを生みだし、蓄積する絶好の場でもある。

日産自動車の新型GT―Rのエンジンは、熟練工が1台ずつ手組みしている。ホンダの新型NSXも米国で熟練工が手作りで組み立てている。伝統的な製造工程ばかりでなく、車体を載せた台を360度回転させてロボットが溶接する新たな生産技術も開発した。

その他にも10回も重ね塗りする塗装や、心地よい排気音を奏でるチタン合金製マフラーなど、メーカーはスポーツカーにさまざまな最新の要素技術を搭載している。こうした先端技術は将来、量産車にも適用されることもある。

量産車に比べるべくもない小規模生産のスポーツカーは、自動車各社の業績にはさほど貢献しない。リーマン・ショック後の業績低迷で、スポーツカーの開発プロジェクトそのものを縮小したケースもある。

ただ各社がモノづくり力を磨くためにも、スポーツカーは継続してほしい取り組みだ。クルマ好きの心を躍らせる新車開発は、必ず自動車そのものの技術発展につながるはずだ。

(2016/8/31 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる